検索
  • 櫻井千姫

「たまご」裏話

なんとか公式ファンクラブ「ハニーアンドバスルーム」


の決済方法を追加しようとしているのですが、


全然上手くいきません。


wixは多機能過ぎて、ボタンがいっぱいあって、どれを押していいのかわからない。


私は妖精で永遠の300歳、江戸時代から生きているのですが


今の世の中のものにはほんとついていきません。


完全におばあちゃん...




さて、今日は昨年夏にスターツ出版から発売された


アンソロジーに収録されている「たまご」の裏話です。


この作品、いぬじゅんさん、小鳥居ほたるさんなど


ものすごいメンバーが集まって書いているのですが


「たまご」というタイトルも、このお話自体も、本からはかなり浮いています(笑)


そもそも、「どんでん返し」のアンソロジーに参加してほしいと言われ、


そういえば昔こんな作品を書いたんですけどどうですか?


と出したものがそのまま通ってしまったので


浮いているのは、仕方ありません(笑)


純文学の賞に出して見事落選した話なんですけどねー。


ざっくりあらすじを説明すると、女子高生がたまごを産む話です(笑)


地方の高校で、成績はビリから数えたほうが早いタイプ。


はっきり言っておバカなので、そのことを母親からも美人で優秀な妹からもチクチク言われています。


そんな女子高生・亜由子はたまごを産んだことで、いったい何が変わるのか...?


ラストは「これで終わりー!?」と中高生のドギモを抜く展開になっております。


ちなみにこれ、津原泰水さんのお話会で献本したんですが


ツイッターで面白いと言ってくださり、そんなこともあって、とても個人的には気に入ってる作品です。短編なのですが。


読みやすいし、他の方の作品も面白いので、是非お家にいる時間が長いこの機会に


ネット注文でもしていただければ、と思っています。


なかなか、「本屋さんに行ってください」とは言えないですからね、今の情勢を考えると。


千姫の一番近くにある本屋さんも閉まってますし...


本って、本来ならこういう時にこそ一番いいものだとは思うんですけれどね。


なかなか世の中のことを考えると、難しいものがあります。


それではみなさん、レッツエンジョイステイホーム。


ヴィクトリー♡

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十六話

律希がアスファルトの上で、笑ってた。不思議な事に、あたしは歳を取ってるのに、律希は十六歳のままだった。信じられなかった。何かに騙されてるんじゃないかと思った。だって、律希が二十年も経ってあたしの前に現れるなんて、そんな事あるわけない。 律希はたしかに「消えた」のに。 「消えた」? どこへ? 何も、「この世から消えた」なんて、決まったわけじゃない――。 「最後の力を振り絞って、念じたんだ。僕を未来に

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十五話

少年院を出た後、あたしは引き取り手がいない未成年のための更生施設に送られた。三日で、そこを飛び出した。既に十八歳になっていたあたしは、もう堂々と身体を売れる年齢になっていた。もう大嫌いな「まともに生きてる大人たち」の顔色を窺うこともなければ、女子だらけの世界で他の女の子に気を遣う必要もない。少し遅れてしまったけれど、あたしはまた、渋谷に戻る。そして今度こそ法の目を気にせず、堂々と身体を売る。その気

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十四話

第十二章 奇跡 あたしと同い年ぐらいの客は長い髪をひっつかみ、ガンガンと激しいイラマチオをしてくる。 喉の奥まで侵入してくるペニスが苦しく、あたしは息さえもろくにできない。弱弱しく泣き声を漏らすと、客はより興奮したらしく、その手の、その腰の、動きがよりいっそう激しくなる。 「もっと喚けよ」 そんな事を言いながら髪の毛を何本もちぎっていく客に虐められ、あたしは地獄にいる気分だった。イラマチオ地獄。