検索
  • 櫻井千姫

「ステキブンゲイ」配信生出演!

こんばんは、千姫です。


今日は朝からずーっと「こんな作品を出してくる勇気のある版元は


いったいどこにあるんだ...」と疑問に思いながら


ひと昔前のケータイ小説を思い出させる反倫理的な話を書き。


夜は、「ステキブンゲイ」さんの配信に生出演!


「16歳の遺書」について語ったら、


結構コメントで、青春時代の大事件の反響をいただきました。


みなさん結構、壮絶な青春時代を過ごされているんだなぁ...


「16歳の遺書」は切なくて痛い感じだけど、


「百合」だとわかって読むのが楽しくなりました...的なコメントもあって。


まぁ、この作品は、ある意味百合なんですよ。


書いてる最中はまったく気付かなかったけど、終わり方が完全に百合。


思春期の頃の、恋愛よりずっと大切な友情、女の子同士の関係って、


百合チックなものがあると思ってるんです。


千姫は自分の作品ですら百合妄想始めますからね。


完全に、危ない人です(自分で言ってるうちはまだ大丈夫)



ちなみに今日のロリィタはこんな感じ。


もう9月なんで、秋っぽく、スカートもマキシ丈です。


ボルドー色のすごく可愛いお花柄なのですが


全身お見せできないのがとっても残念!!


しかし、セールで買って、試着してないんで。


これだけ胸元がっつり開いてるジャンスカだと思わなかった(^^;)


帰り道、変態さんに絡まれなくてよかったです汗



この前、ステキブンゲイの配信の時は桃を持っていったので


今度は葡萄。もう、葡萄の季節ですし。


皮ごと食べたら中村航さん、「渋い」って言ってました(^^;)


葡萄の皮を食べないなんてもったいない!


ポリフェノールたくさん入ってるんですから!!



で、今日、ステキブンゲイさんにお邪魔したのは


先日、いぬじゅんさんにサインさせていただいたこの本を取りに行くためだったのですよ。


ちゃんと宛名入り♡


今、吉本ばななさんを読んでいるので、


読み終わったらじっくり堪能させていただきます。


学校でも家でも上手くいかず、日々を「ダルい」と過ごしていた女の子が、


ふとした出会いから成長していく話...


こういう青春小説、すごい好きだなぁ。


ちなみに、登場人物はスタ文作家さんの名前なんです!


桜井さんも登場してます(^0^)


なんだか、どでかい台風が接近してますね。


千姫は帰りに冷凍食品を鬼買いしました。


関東地方を直撃するというニュースは今のところ耳にしてませんが


用心に越したことはないですからね。


それでは、今日もこの言葉でしめましょう。


人類は、台風にもコロナにも負けないぞ!


ヴィクトリー♡

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希