検索
  • 櫻井千姫

「ステキ編集部」に出ます

こんばんは、千姫です。


今日は一日、小説を読んでました。


明日14時~配信のステキブンゲイさんのイベント


「ステキ編集部」で取り上げられる作品を読んでいます。


ステキブンゲイに投稿される作品はどれも素敵なものばかり...


プロの小説家として読んでも、勉強になります。


明日14時~ステキ編集部に出るので、どうかみなさん、楽しみにしていてください。



ネイルサロンに行ってきました♪


今日のラッキーカラーはオレンジなので、


でも夏っぽいオレンジじゃなくて、秋っぽいくすみオレンジにしてみた♪


このネイルサロンは一か月半に一度のペースで行くけど


フットがワンカラー、オフ込み4500円なんです♪


ピアノ弾くし料理するしパソコンのキーボード打つから


ハンドネイルは邪魔でしかない!


ネイルは足元で、こっそり楽しむ派。



ネイルの後、晩ご飯。タンタンメン。


彩り豆乳タンタンメンって書いてましたが、スープはちょっとまろやかだけど


やっぱり辛い(^^;)


辛いもの、いいですけどね。


カプサイシンは脂肪燃やしてくれますし。



ネイルサロンの帰りにバーゲンで服を買ってしまいました。


50%OFFだったの。


キラキラ、スパンコールの蝶模様のワンピース!


画像じゃわかりづらいですが、丈長めです。


ずっと欲しかった、白いレースのマスクも買いました。


ロリィタ用に(^0^)


今日もこの後、明日の「ステキ編集部」に向けて作品を読みます。


一日かけてたんですが、まだ一作、終わってないの(^^;)


最悪明日の朝とか読んでるかも...


小説読むのは好きなんですが、時間がかかる!!


でも今回はみんな短い作品ばっかりだったのでよかったです。


この企画だったら、6~8万字ぐらいが限度って感じですかね。


では、ものすごい大きな台風が近づいていますが


危ない地域の方、よく警戒してくださいね。


また、母の故郷の熊本が心配(>_<)


というわけで、今日もいきましょう!


人類が台風とコロナに勝利した姿をイメージして。


ヴィクトリー♡

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希