検索
  • 櫻井千姫

「天49 ラストサマー」表紙完成!!

こんばんは、千姫です。


朝起きたら、いきなり宅配便。


担当様からメールも来ていて、9月28日発売


天国までの49日間 ラストサマー


の帯と表紙が届きました。


げみさんの手によって、とても素敵な装丁に仕上がっています。


まだお見せできないのが残念...!!


あと一ヵ月で発売されますから、もう少ししたらノベマ!の書籍情報でも


表紙が掲載されると思います。


ちなみに「天49」シリーズはシリーズにこそなってはいますが、


どの本から読んでも楽しめるように書いてるんですよー。


先に「ラストサマー」を手に取って頂いて、それから榊の過去を紐とくつもりで


「天49」(無印)を読んでいただいても、作者としては全然かまいません。


しかし、今読むと文体が、初期の頃と今とではだいぶ違いますね。


「天49」って2008年に書きましたからね。


今からなんと12年前...


妖精界で執筆してました(と、またいきなり初見の人を混乱させる発言)。


そういえば人間界に来たのが2011年、デビューしたのも2011年ですから


来年でデビュー10周年なんですよね。


10周年の記念に何かしたいのです。


プレゼント企画とか...


「こういうのやって欲しい!」という要望があったら、ぜひコメント欄でも、


ツイッターやフェイスブックのリプでも、ホームページのメールフォームからでもいいので


教えて頂けると幸いです。



先日行った、すみだ水族館での一枚。


この、リニューアルしたクラゲの水槽が見たかったのですよ~!


写真にするとこんなんですが、実物を見ると圧倒されます。


ほのかに青く光る動く蓮の花が水面を揺蕩ってるようで、本当に美しいの!


すみだ水族館は大好きなクラゲとペンギンがいっぱい見れるので、大好きです。


ノリで光るカクテルとか飲んじゃいました。


氷が光ってただけなんですけどね笑



youtubeの編集やHPを作って下さってる彰野くみかさんから、


バッグチャームを購入させて頂きました♡


セーラームーンの変身グッズみたいで、めちゃくちゃ可愛い!!


youtube、今はくみかさんがお忙しいみたいなので更新止まっちゃってますが


天49 3 発売のタイミングでライブ配信とかしたいなーと思ってます。


担当様に打診しないとなんですが(^^;)


登録者数100人ちょいのチャンネルでライブ配信なんてやっても盛り上がらないし


やるならノベマ!サイトで大きく告知してほしいなと。


発売日が9月28日だから、それから一週間~10日くらいたって


読者のみなさんが読んでくださったタイミングがちょうどいいのかなぁと思ってます。



昨日の晩ご飯。ドライカレー。


カレーはいつもドライカレーで、めちゃくちゃ辛く作ります。


いろんなスパイスとか入れると、ほんとにお店の味になります。


ご飯が黒いのは、玄米と古代米をミックスしてるからです。


インスタ映えしないことこの上ないご飯ですが、見た目のパンチは強い...笑


それではみなさん、まだまだコロナ不安ですし、


残暑もしばらく続くみたいですが、


元気に「特別な夏」を乗り切っていきましょうね。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして。


ヴィクトリー♡

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希