検索
  • 櫻井千姫

「16歳の遺書」カバーができあがりました

こんばんは、櫻井千姫です。


コロナは収まるどころか変異ウイルスが猛威を振るっていて医療崩壊の危機...


コロナ禍で仕事を失ったり、心を病んでしまう人も増えているみたいです。


あまり表立って報道されないですが、自殺者が増えているという話も聞きます。


そんな中発売されるのが、この小説。



実業之日本社GROW様より、6/4発売です。


全国の書店様、アマゾン、楽天ブックスさんなどで予約できるので、


予約された方はぜひ「予約しました~!」とコメントか、HPのメールフォームからメールください。


励みになるので^^


主人公の城野絆は、16歳、高校二年生にして友達ゼロ。


親からの愛情に恵まれず、過去にいじめに遭ったトラウマを背負っています。


そんな絆が逃げ込んだのは、SNSの世界。


苦しみをありのままに綴るSNSを、クラスいちの美少女・徳川郁に見られてしまった絆。


さらに絆は、郁から衝撃的な事実を告げられます。


「あたしの余命、あと半年なんだ...」


病に冒され、残された日々を輝かしいものにするために「死ぬまでにやりたいことノート」を書いている郁。


そんな郁に心動かされた絆は、郁の「死ぬまでにやりたいこと」を手伝おうとします。


これは、櫻井千姫史上最高傑作ですね。自画自賛しちゃうけど。


痛くて切なくて、だけど読後感は優しく温かい。


「死にたい」と思っている女の子の気持ちを我ながらリアルに書けたなと思います。


まぁ、自分も昔は絆みたいになっていた時期があるので...


別に、「死にたい」って思うことは、悪いことでもなんでもないと思うんですよ。


生きてたら、誰でも一度くらいはそういうことあるんじゃないですか?


死にたくなるほど辛いことって。


そういう辛い時に、そばに誰がいるか、どう乗り越えるか...そこが大事なんだと思うんですよね。


というわけで、ぜひぜひ、ご予約よろしくお願いいたします。



今日のロリィタ。


メルカリで2000円で買った新品のアクシーズファムのワンピースはお気に入りで、


最近これずっと着てます。いわゆるカジュロリ、クラロリですね。


お帽子はイノセントワールド。予約完売で店頭に並ばなかった、かなりレアな人気商品!!


お帽子は夏場だと暑いけれど、これくらいの気温だと逆に頭があったかくなるのでちょうどいいです。


ちなみに胸にぶら下がってるネックレスはアンティークショップで10000円で買いました♪


ハイブランドより、アンティークやヴィンテージ、一点ものが好きです!!




ヴィレッジヴァンガードでこの本を買いました。


「夫のちんぽが入らない」の作者、こだまさんの新刊。


とてもキレイな表紙ですね!!


これ、サイン本なんですよー。一冊だけ残ってた♪


運命だ!!と思ってすぐに買いました。


ヴィレッジヴァンガード行ったのは尾崎世界観さんの「苦汁200% ストロング」を買うためだったのですが


気付けばこだまさんの本を買っていましたw


買うだけ買って読んでいない本がベッドルームにたくさんあるのですよー。


ブックオフとか行くとついつい「安い♪」てたくさん買っちゃいますからね。


そして読み終わった本がいつのまにか本棚にいっぱいになって、またブックオフに持って行くんですよね(^^;)


私はブックオフ賛成派です。


本はお金かかるから、新品で買えない人だっているでしょう。


自分の本を読んでもらえるなら、ブックオフで買った中古品でも、図書館でもいいと思うんですよ。


友だちに貸してもらったものでもいいと思いますし。


そりゃ、買ってくれたら嬉しいですけどね。


専業作家なので、印税がないと生きていけませんw


さて...


なんだかオリンピックも微妙な事になっていますが、ほんとに早くコロナ終息してほしいですね。


発売日に書店さんが閉まるような事態だけは避けたい。


しばらくは、お出かけは歩いていける範囲だけ。


公共交通機関はなるべく使わず、都心にも出ないように心がけます。


でも、発売日ぐらいは書店さん周りしたいなぁ。


神保町とか行きたいですね。


もう5月の13日。


発売日まで一ヵ月もありません!!


ワクワクドキドキ♡


そういえば、昨日からnoteを始めました。


投稿サイトに掲載できないようなエロくて過激な小説をどんどん掲載していく予定なので


もっともっと千姫ワールドを楽しみたい!!


という方は、ぜひぜひ、よろしくお願いします。


HPからもnoteに飛べるようにリンクとか貼りたいんですが


あれ、どうやるんですかね??


それでは、今日はこのへんで。


今日もいきましょう!!


人類がコロナに勝利した姿をイメージして。


ヴィクトリー♡

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十六話

律希がアスファルトの上で、笑ってた。不思議な事に、あたしは歳を取ってるのに、律希は十六歳のままだった。信じられなかった。何かに騙されてるんじゃないかと思った。だって、律希が二十年も経ってあたしの前に現れるなんて、そんな事あるわけない。 律希はたしかに「消えた」のに。 「消えた」? どこへ? 何も、「この世から消えた」なんて、決まったわけじゃない――。 「最後の力を振り絞って、念じたんだ。僕を未来に

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十五話

少年院を出た後、あたしは引き取り手がいない未成年のための更生施設に送られた。三日で、そこを飛び出した。既に十八歳になっていたあたしは、もう堂々と身体を売れる年齢になっていた。もう大嫌いな「まともに生きてる大人たち」の顔色を窺うこともなければ、女子だらけの世界で他の女の子に気を遣う必要もない。少し遅れてしまったけれど、あたしはまた、渋谷に戻る。そして今度こそ法の目を気にせず、堂々と身体を売る。その気