検索
  • 櫻井千姫

「16歳の遺書」連載開始です

こんにちは、千姫です。


「初恋の終幕」が大好評のうち連載終了したステキブンゲイさんですが


既に次の連載が始まりました。


タイトルは「16歳の遺書」


これは、「死にたい」女の子と、「生きたい」女の子の物語。


主人公の城野絆は、学校でも家でも上手くいかず、


典型的な「手首を切っちゃう系の女子」です。


そんな絆ちゃんが、クラスのリーダー格の女の子、徳川郁と


友情をはぐくみ、郁が背負っている荷物を互いに負担しながら、


「死にたい」と願っていた絆の世界が変わっていく...


簡単に言うと、そんなお話です。


実はこの作品は、クリープハイプの「風に吹かれて」という曲が


モチーフになっています。


作中に登場するバンド「honey and bathroom」も


クリープハイプの女体化バージョン。


この物語には、男性バンドじゃなくて、格好いいガールズバンドが


似合うかな、と思って、クリープハイプを勝手に女体化してしまいました。


その方が書く方も萌えるし...(危険発言)


「風に吹かれて」を聴いた時、「命」について、この曲に勝るものはないと思った。


インディーズ時代の曲なのであんまり有名じゃないのですが


クライマックスはこの曲を聴きながら読むと、すごく盛り上がると思います。


ちなみに、まだほとんど「モブ」キャラの乃慧(のえ)ちゃんが


話が進むにつれてものすごく存在感を発揮していって、


この子がかなりのキーパーソンになっています。


まだ5話くらいまでしか公開されていないのですが、


気になった方はぜひよろしくお願いします。



9月28日発売「天国までの49日間 ラストサマー」の校正作業がやっと終わりました。


コーヒーを相棒に、5時間ぐらいぶっ通しで、一気に仕上げました。


この作業の時はカフェインが大量にいるのです...



カフェインの摂り過ぎが、冷房のあまり効いてないカフェで仕事してたのがよくなかったのか


帰ってから発熱!!


室内熱中症になってしまいました(T0T)


慌てて往診を呼び、解熱剤で回復。


冷え性なので、夏場でもエアコンはドライ。部屋ではTシャツの上に長袖の羽織もの一枚。


それが良くなかったのかも...


糖質の摂り過ぎが怖いのでポカリは普段飲まないのですが


こうなったらポカリを冷蔵庫に常備しておいた方がいいかもしれません。。。


あとはOS-1と冷えピタですかね。


買い物行かないと...泣



この本が、なかなか読み終わりません(^^;)


嶽本野ばらさんなので、コメディタッチで描かれていて飽きないのですが


なんせ平和活動や政治の話が難しくて...


難しい単語はとりあえずスルーしちゃって読んでます。


それにしてもこのご時世に2900円の単行本を出す野ばらさんって、


相当、勇気ある人ですねぇ。


500ページもあってまだ半分も読めてないのですが


校正も終わったし、この週末は完全にステイホームすると決めたので


読書を進めたいと思います。


あと映画かな。


「ショーシャンクの空に」とか観たいんですが、


疲れてる時にモーガンフリーマンさんを見てしまうとBL妄想が止まらなくなるので(末期)


「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」


にしようかと思っています。


もうすぐ、9.11ですからね。


夏は、戦争について自分なりに考える時間。


ちなみに「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」は


発達障害グレーゾーンの男の子が主人公なのですが


グレーゾーンの子どもを非常に上手く描いているなと思います。


なんか、鑑賞しながら、うちの母親みたいだなと思っていました(笑)


というわけでみなさん、熱中症、コロナ、水害、夏風邪、夏バテなど


もろもろ気を付けていきましょうね。


今日もいきましょう。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして。


ヴィクトリー♡

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希