検索
  • 櫻井千姫

「32才」裏話

どうも、千姫です。


ファンクラブ会員様がやっと一人増えました!


ありがとうございます!!


まだまだこれからなんですが、月イチメルマガ、占いメルマガ、


会員証発行やオンラインイベントなど


どんどんやっていきますので、ぜひ楽しみにしていてください。


みなさんと千姫で一緒に盛り上げていくクラブにしたいと思っています。


目標は、会員数1000人!


年額500円、入会費無料ではっきり言って利益度外視です笑


楽しみながらゆるゆる、続けていこうと思ってます。


さて今日は、小学館キャラ文から発売された


「32才ひとり不幸OLが幸せ引き寄せちゃう話」の裏話。


これは全然売れてないんですが、好きな作品なんです。



広告代理店に勤める32才の杏珠は、会社では厳しい上司にドヤされ、


恋愛面では不倫の恋真っただ中。


結婚した友だちや母親からの結婚のプレッシャーもありながら、


将来が見えないことに不安を感じています。


そんな杏珠のベッドルームに突然、クラッカーの音が鳴り響き、


300才の妖精ヴィクトリカとその旦那(?)クマのぬいぐるみ、クラウドが現れ、


ハッピーになれる「引き寄せの法則」を伝授する、というのだが...!?


この本は千姫の第三作にあたる、実験的小説で。


小説と実用書をミックスしたらどうなるかな?と考えて書いたものです。


ちなみに作中に登場する妖精ヴィクトリカは作者、櫻井千姫が


さりげなく作者登場したもの(^0^)


これからも千姫は「ヴィクトリカ」としてどんどん作中に登場していくので


作者の登場をお楽しみに...


さて、今作はあんまり反響はなかったものの、


友人に「まるで自分のことを書かれているみたいで泣いた」


なんて言ってもらえた名(迷?)作です。


「まるで自分のことが書かれているみたい」と読者に思わせたら、その時点で作者の勝ちですから。


ちなみに、なんで「引き寄せ」を題材にしたかというと、


この当時ちょうど引き寄せがブームになっていたというのもありますが


海外では「引き寄せ」をモチーフにした小説が結構ヒットしているので、


引き寄せというわかりにくいものをわかりやすくお伝えするためには、


小説という形式がいちばんいいんじゃないかな、と思って書きました。


この作品に登場する杏珠は、未来のない不倫の恋をしています。


相手の男も、絵に描いたようなズルい男。


そんな杏珠の前に、職場のちょっと苦手だった後輩が接近するのですが...!?


杏珠の恋の行方を楽しみながら、「引き寄せ」について


みんなが楽しく学んでくれれば、と思って書きました。


もうだいぶ前に発売されたので、ほとんどの本屋さんには置いていません。


注文するか、今こんなご時世なので本屋さんに行けない方も多いと思うので


ネットで買うのがおすすめです。


32才でなくても、女性でなくても、ハッピーになりたい


すべての人にオススメの一作です!!


では、今日はこのへんで。


レッツエンジョイステイホーム!


ヴィクトリー♡

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希