検索
  • 櫻井千姫

あっという間の5月だった

こんばんは、千姫です。


小説ブログ以外、久しぶりのブログになりました。


今日で5月も終わりですが、5月はあっという間だったなぁ。


誕生日があって、新作のプロットを担当さんとやり取りして。


今年は6/4実業之日本社GROW様より発売「16歳の遺書」の後、


もう一冊出版できそうです。


まだ詳しいことはお知らせできないのですが、楽しみにしていただけると嬉しいです。



「16歳の遺書」見本誌が届きました。


6/4発売だから、発売まであと4日なんですよね。


雪下まゆさんに描いて頂いたカバーが、すごく綺麗!


こうして本になって届くと、改めて「出るんだなぁ」と実感しますね。


どうか、たくさんの方に手に取って頂けますように。


作家デビュー10周年、10作目にあたる本作は、櫻井千姫の史上最高傑作です。


よろしくお願いいたします。



週末は書店さん用のミニサイン色紙にサインを書き書きする作業をしていたのですが


「カバーイラストを貼り付けたりしてもいいですよー」と担当さんに言われ


そんな技術ない(pdfファイルを小さくしてプリントする事なんてできない...というかうちのプリンタはまともに動かない)ので


代わりにイラストを描きました。


自画像のつもりなんだけど、サイコパスの絵みたくなった...


あきらかに、精神に異常をきたしている人の絵ですよ、これ。


サインも絵も下手くそだし、私ってほんと、小説書く以外は何もできないです...


自分でも呆れちゃいます。



昨日のロリィタ。インスタライブなので着てみました。


babyのジャンスカと半袖ブラウス、頭についてるキラキラしてるのもbaby。


星屑柄なので七夕の時期にいいですね。


でも、この後お出かけする時はさすがに着替えました(笑)


原宿とかならともかく...目立ち過ぎますよー。



今日は近所のスイーツ付き日帰り入浴温泉に行ってきました。


お風呂の後サウナに入って、上がってから選べる飲み物と甘味を頂きます。


飲み物は煎茶にしたんだけど、本格的な煎茶ってめちゃ苦いんですね。


三回お湯を淹れてくれるんですが、二回目は少し苦くなくなって、三回目がちょうどよかった。


甘味はほうじ茶プリンにしました。


自然の甘さでめちゃうまー!!


広々としたお風呂とおいしいスイーツに癒されました。


ほんとは岩盤浴とか行きたいんですけど、さすがにこのご時世ですからね。


近所にこんな施設があってよかったです。


平日の午前中だってこともあってか、全然密じゃなかったし。


さて、いよいよ明日から6月、今年の前半も瞬く間に過ぎようとしていますが


みなさまもコロナ禍に負けず、梅雨の鬱々した天気にも負けず、元気にお過ごしくださいね。


というわけで、今日もこの言葉で締めます。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして。


世界に平和と安寧が再びもたらされますように。


ヴィクトリー♡

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希