検索
  • 櫻井千姫

どうも、千姫です

この度、公式サイトよりブログ始めることにいたしました。


今のところまったく使い方がわかっていないので、彰野くみかさんに教わりながら、

完全な手さぐり状態です(^^;)


なんで私って、こんなにパソコンに関してはセンスないんですかね...!?


これでも昔は、HTML使って自分のホームページ運営してたんですけどね。


時代がどんどん変わっていって、HTMLじゃなくてもホームページが

作れるようになった分。


新しいものについていけません...(T0T)


何を発信しようか。これからメルマガなんかもやっていくので、楽しみにしていてください。


2/20、集英社オレンジ文庫より発売。


こんな状況なので、なかなか本屋さんに行ってください、と言えないのが辛いところですが...


ぜひお近くに本屋さんがない方は、ネット注文してみてくださいね。


近くの本屋さんに置いてない場合でも、だいたい注文できます。


スターツもオレンジ文庫も、小さな本屋さんだと置いてない場合がまだまだ多いです(^^;)


ライト文芸、もっと広がればいいなー。


一般文芸も好きなんですけどね。千姫は。


それでは♪

25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希