検索
  • 櫻井千姫

やります!!「天49 3」発売イベント

こんばんは、千姫です。


タイトルにもあるとおり、「天国までの49日間 ラストサマー」の発売イベントを開催することに決めました。


当初はyoutubeで配信ライブやろうと思ったのですが


登録者100名ちょっとのチャンネルでライブ配信やってもなぁ...と思い、


私のファンはツイッター見てくれてる方が多いので、ツイキャスでやる事にしました。


時期はまだ未定ですが、9/28が発売なので、


それから一週間か二週間経って、みなさんが読んでくださった後、


感想をDMで募集して、それを読み上げるようなイベントにしたいなと思っております。


ツイキャスアプリをお持ちでない方は、ダウンロードしていただけると嬉しいです。


コメントで、作品に対する事や小説家・櫻井千姫への質問など、やり取りできればと考えています。



昨日はこの格好で、ステキブンゲイさんのイベント


「ステキ編集部」に出させて頂きました。


いやいや、人の作品に「感想」を言うのは簡単ですが、「意見」を言うのは難しいですね...


どの方の小説も自分よりよく書けてるなぁと思ってしまうし、


正直、「これをこうしたらもっと良くなる」という意見なんて言えないのですよ...


私はどこまでいっても小説家で、編集者にはなれないんだなと思いました。


他の方は的確な意見を言えて、私よりすごいなと思ってしまいました(^^;)



ステキ編集部の後に食べた、近所のお店のコロッケ定食。


メンチだけじゃなくて、お芋のコロッケとかもあります。


サラダ、ご飯、お味噌汁、おしんこつき♡


正直言って、ファミレスより充実していて、素材にもしっかりこだわっていて


これで980円は安いですよ!!


恋する豚研究所、また行こう。


ちゃんと、もうすぐ開催される抽選会の福引シールももらってきました。


この9月は近所でお買い物しまくって、いっぱいシールを貯めて、福引でいいものを当てるのが目標なのです。



今日の晩御飯。


鶏肉と筍とほうれん草のアヒージョ?だかなんだかなんですが


正直全然足りなくて、すぐお腹が空いてしまってこの後回転寿司に駆け込みました(^^;)


コロナになってから、エンゲル係数が高くなりつつあります。


作るの面倒くさくてついつい外食しちゃうし、自分で作ってもついつい高いお野菜やお魚を選んじゃうので


自炊しても外で食べても、結局食費自体はさして変わらないという...汗


食材にこだわる私は、自炊に向いてないのかもしれません(^^;)


有機野菜とか見ると、ついつい買っちゃうし。


お米を玄米と古代米のミックスにしてるあたりから、食にこだわる感が満載。


この辺りは近所に美味しいお店が多いから、外食の頻度も高くなってるし...


ご飯だけ炊いておかずはテイクアウト!!な日もあります。


あー。節約しなきゃ。


印税生活も、なかなか厳しいです。


収入、常に不安定ですからね。


というわけで、千姫がこれから小説を書き続けていくためにも


9/28発売「天国までの49日間 ラストサマー」


ぜひぜひ、よろしくお願いします!!


もうすぐ、ノベマ!サイトにて書影も公開されますよ~


げみさんの表紙は眺めているだけでも素敵な気分に浸れる仕上がりになっています。


シリーズ最高傑作、自信作です。


それでは、コロナもまだまだ警戒が必要で、台風で九州は早くも被害が出ているみたいですが。


みなさん、どうかお気を付けて。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして!


ヴィクトリー♡

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希