検索
  • 櫻井千姫

イタリアンが好き過ぎる件

どうも、こんにちは。


千姫です。


以前美味しいコロッケバーガーを頂いた


代沢のyellow cafeまで20分かけて歩いたんですが


いざクロワッサンサンドをテイクアウトしようとしたら


お財布を忘れてました(^^;)


サザエさんか! 私は!!


自分に突っ込みつつ、お昼は近所のcafe helloのランチボックスをオーダー。


30分、手間ひまかけて作ってくれました。

ちょっと中身が寄ってるのは持ち歩く際に揺らしちゃったからです(^^;)


茄子もポテトサラダも、揚げ物も、海老もお魚も


イタリアンの味でめっちゃ美味しい!!


ダイエット中だけど、イタリアンは食べます。


オリーブオイルは身体にいいですからね。


海老とお魚で、タンパク質もたっぷり。


食前酒としてイタリアンアイスティーなるものまでオーダーしてしまいました。


ちょっとだけお酒が入った、レモンを飾ったアイスティーなのですが


青空の下で飲むとめっちゃ美味しかった。


でも甘いので、糖質はしっかり入ってるんだろうなぁ。


ダイエット中だと、とにかく好きなものをとことん我慢しなきゃ、という思考に陥りますが


それはダイエットが上手く続かない人に共通しています。


甘いものが好きな人でも、脂っこいものが好きな人でも、


減らせばいいだけで、ゼロにする必要はない。


食べることの楽しみを捨ててしまえば、ダイエットは続きません。


3カ月か4カ月かけて、ゆっくり体重落としていく計画なんで。


外食好きな千姫は、これからも食べることを楽しみつつ


ダイエットを継続していこうと思っています。


せっかく、いろんなお店がテイクアウトに力を入れている今


そういったものを活用しないのは勿体ないな、と思っちゃうんですよね。


もちろん外出の際は三密は避けています。


住宅街をてくてく歩いて、歩きまくった末にたどり着くカフェ、


みたいなのが今は丁度良いのです。


そうそう、明日小説メルマガを配信します。


中学生×性×胸を切り裂くようなヒリヒリ加減


というのは、初期の私がすごく大切にしていたテーマ。


誰もが経験する性の目覚めに、その年頃だからこそのヒリヒリした痛みが伴う。


そんな小説です。


不定期配信で、一週間に一回か二回ぐらいやっていこうかと思っています。


しかし、こういう小説は現在の投稿サイトでは公開できないんだろうなぁ。


まぁ、そんなこんななので、興味のある方は


「ハニーアンドバスルーム」にお入り下さい。


5日に、会員限定占いメルマガ配信も予定しています。


読む人、書く人をどんどん繋げていくファンクラブにしたいなと思ってます。


というわけで、今夜は執筆はお休み。


ピアノ弾いて、筋トレとストレッチして、映画や読書で、


のんび~り過ごしたいなと思ってます。


最近ずっと働きづめだったので、心身共に疲れがみえてるんで(^^;)


たまには、休みます。


それでは、今日も人類がコロナに勝利した姿をイメージして、いきましょう。


ヴィクトリー♡

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十六話

律希がアスファルトの上で、笑ってた。不思議な事に、あたしは歳を取ってるのに、律希は十六歳のままだった。信じられなかった。何かに騙されてるんじゃないかと思った。だって、律希が二十年も経ってあたしの前に現れるなんて、そんな事あるわけない。 律希はたしかに「消えた」のに。 「消えた」? どこへ? 何も、「この世から消えた」なんて、決まったわけじゃない――。 「最後の力を振り絞って、念じたんだ。僕を未来に

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十五話

少年院を出た後、あたしは引き取り手がいない未成年のための更生施設に送られた。三日で、そこを飛び出した。既に十八歳になっていたあたしは、もう堂々と身体を売れる年齢になっていた。もう大嫌いな「まともに生きてる大人たち」の顔色を窺うこともなければ、女子だらけの世界で他の女の子に気を遣う必要もない。少し遅れてしまったけれど、あたしはまた、渋谷に戻る。そして今度こそ法の目を気にせず、堂々と身体を売る。その気