検索
  • 櫻井千姫

コロナ禍の出版業界

どうも、千姫です。


今日の東京は憂鬱な雨。


気温も昨日より低く、まぁこの時期らしい気候だなとは思うのですが


太陽がないとなんとなく沈んだ気分になります。


その分、なぜか執筆は進むんですけれど。


ちなみにこれは、今読んでいる本。

スタ文の未来をしょって立つ、小鳥居ほたるさんの作品です。


まだ読み始めなのですが、大学生のピュアな恋愛ストーリーということで


これはとても楽しみ。


小鳥居ほたるさんの小説はアンソロジーに収録されている短編しか読んでいないのですが


この方、文体が巧みですね。ちゃんと読者の心を掴む、魅力のある文章で書かれています。


コロナ禍の中、出版業界はピンチです。


二月頃は、コロナの暗いニュースのせいか、「本でも読むか」という人が増え、


特に子ども向けの書籍はよく売れていたようなのですが、


このゴールデンウィークになると本屋さんは軒並み閉まり、開いている本屋さんでも、流通の関係で新刊が入って来ず。


お取り寄せ、注文もできない本屋さんがあるみたいです。


特にスターツ出版の本は街の小さな本屋さんではまだ取り扱いがないこともあり、


ショッピングモールなどの大型の本屋さんに置いてあることが多いのですが、


そのショッピングモールすらそもそも閉まっていたり...


今年は休校のせいで夏休みもなくなるのでは、と言われており、


本来なら書店が大きくキャンペーンを打つ夏も、売り上げは厳しそうです。


私も今年はバンバン出したい! と思っていたのですが、


こんな状況ではにっちもさっちもいきません。


アイディアはばんばん生まれてくるのですが、


なかなか形にならないというのは辛い。


本当は、本は本屋さんで買ってください、と言いたいのですが、


今はそれも言えないですからね。


ネット注文を活用してください、としか言えない。


それでも、ステイホームなこのご時世、本に触れることで救われることもあると思うんです。


恋愛、ファンタジー、ミステリー、サスペンス、ホラー。


本の世界では、現実に体験できないことも体験できる。


お出かけできない今、読書を通じて色々なことが体験できるのです。


休校になってて毎日何していいのかわからない、という子どもたちにも、


ぜひ本を読んでほしい。


本の素晴らしさは、家にいながら、他人の人生に入り込むことができる点です。


いい読書体験は、人間力を上げてくれます。


本好きな人なら、本を読むことによって自分が変わった、という感覚もわかるのではないでしょうか。


繰り返しますが、本屋さんに行ってください、とは言えません。


でもこういう時こそ、ぜひネット通販でもいいですから、読書をしてみてください。


コロナのニュースばっかり見ていたら、心も鬱に傾きます。


心を元気にするための読書、おすすめです。


それでは、今日もこの言葉で締めます。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして。


ヴィクトリー♡

31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十六話

律希がアスファルトの上で、笑ってた。不思議な事に、あたしは歳を取ってるのに、律希は十六歳のままだった。信じられなかった。何かに騙されてるんじゃないかと思った。だって、律希が二十年も経ってあたしの前に現れるなんて、そんな事あるわけない。 律希はたしかに「消えた」のに。 「消えた」? どこへ? 何も、「この世から消えた」なんて、決まったわけじゃない――。 「最後の力を振り絞って、念じたんだ。僕を未来に

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十五話

少年院を出た後、あたしは引き取り手がいない未成年のための更生施設に送られた。三日で、そこを飛び出した。既に十八歳になっていたあたしは、もう堂々と身体を売れる年齢になっていた。もう大嫌いな「まともに生きてる大人たち」の顔色を窺うこともなければ、女子だらけの世界で他の女の子に気を遣う必要もない。少し遅れてしまったけれど、あたしはまた、渋谷に戻る。そして今度こそ法の目を気にせず、堂々と身体を売る。その気

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十四話

第十二章 奇跡 あたしと同い年ぐらいの客は長い髪をひっつかみ、ガンガンと激しいイラマチオをしてくる。 喉の奥まで侵入してくるペニスが苦しく、あたしは息さえもろくにできない。弱弱しく泣き声を漏らすと、客はより興奮したらしく、その手の、その腰の、動きがよりいっそう激しくなる。 「もっと喚けよ」 そんな事を言いながら髪の毛を何本もちぎっていく客に虐められ、あたしは地獄にいる気分だった。イラマチオ地獄。