検索
  • 櫻井千姫

トラブルだらけの春財布。

どうも、お久しぶりです、櫻井千姫です。


開運アドバイザーとしての知識も持っている千姫、


お財布は、春に代えるのがいちばんいいんです。


といっても、人によってどんなカラーがいいか、どういうモチーフを選べばいいか、


いつ買っていつ使い始めるのがいいか違うので、一概には言えないんですが...


ずっと使っていたミュウミュウのお気に入りのお財布がボロボロになっちゃったので、


ミュウミュウで新しいお財布を買って、今日使い始めました。


そしたら銀行でお金をおろそうとしても窓口はしまっているわ、目的地までの道順がわからなくてタクシー使うわでトラブル続き...


そもそも、腰痛のある私。あんまり長くは歩けません...


春財布の日だからいいよね、ということで、今日だけタクシーを使うことにしました。




高級ホテルのラウンジでお茶したかったので、今日はシックな黒ロリ。


アクシーズファムです。


ホテルは広すぎて、お手洗いがどこだか、エレベーターがどこだかもわかりません...(笑)


バイキングをしていた方々に混じって、ひとりカモミールティーを啜っていた私はいったい何者に見えたんですかね...?



地上28階から見下ろした風景。


馬鹿は高いところに上りたがる、なんてひどいことを父が言っていましたが


(ご年配の方はそうおっしゃるのかな?)


私は馬鹿なのか、高いところから外を見下ろすのが好きです。


この季節だと緑も綺麗で、新緑って感じで。


みなさんも気分を切り替えたい時は、高いところに行ってみてくださいね。




ホテルからルミネエストまでの道がわからなかったので、またタクシー(笑)


東口周辺で、必要なものをいろいろとお買い物。


サンリオストアで買ったクロミちゃんのポーチは、飴ちゃん入れにします。


サンリオストアでは、サンリオキャラの人気投票をやっていたので、


大好きなキキララ(正式名称はリトルツインスターズ)に一票。


コロナ禍でもお客さんを獲得するべく、サンリオさんは頑張ってるんですね...


土用前の今の時期に頑張らないと、土用中はいろいろと行動制限がかかりますからね。


東京もGW中はまた「ステイホーム」になるかもしれませんし。


帰りは下北沢に戻り、無料のお笑いライブにふらっと入りました。


一人で看板持って立ってる若い男の子が気になって少し話したんですが、


神戸出身で東京に出てきたばっかりなんです。


きれいな関西弁を話す子で、ネタもさすが、関西の人が作ったお笑いだな、って感じだったんですが、


画数が悪かったのでそこだけ注意しておきました(笑)


9画だから、コンビ解散するかもしれませんね。


♡をどこかに入れるだけでも違うと思うんですが...


今頃、このブログをどこかで見てくれていることを願います。


おひねりボックスがあったので、一万円入れておきました。


こういうお金の使い方ができる人間...いや妖精になりたいものです。


今日は一日大変だったので、夕飯は出前とって楽しちゃいました。


牡蛎がおいしかったなぁ。


明日からまた節約自炊モードです!!


つい高いお野菜を買わないように気を付けたいと思います。


それでは、今日もこの言葉で締めましょう。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして。


ヴィクトリー♡

46回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十六話

律希がアスファルトの上で、笑ってた。不思議な事に、あたしは歳を取ってるのに、律希は十六歳のままだった。信じられなかった。何かに騙されてるんじゃないかと思った。だって、律希が二十年も経ってあたしの前に現れるなんて、そんな事あるわけない。 律希はたしかに「消えた」のに。 「消えた」? どこへ? 何も、「この世から消えた」なんて、決まったわけじゃない――。 「最後の力を振り絞って、念じたんだ。僕を未来に

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十五話

少年院を出た後、あたしは引き取り手がいない未成年のための更生施設に送られた。三日で、そこを飛び出した。既に十八歳になっていたあたしは、もう堂々と身体を売れる年齢になっていた。もう大嫌いな「まともに生きてる大人たち」の顔色を窺うこともなければ、女子だらけの世界で他の女の子に気を遣う必要もない。少し遅れてしまったけれど、あたしはまた、渋谷に戻る。そして今度こそ法の目を気にせず、堂々と身体を売る。その気

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十四話

第十二章 奇跡 あたしと同い年ぐらいの客は長い髪をひっつかみ、ガンガンと激しいイラマチオをしてくる。 喉の奥まで侵入してくるペニスが苦しく、あたしは息さえもろくにできない。弱弱しく泣き声を漏らすと、客はより興奮したらしく、その手の、その腰の、動きがよりいっそう激しくなる。 「もっと喚けよ」 そんな事を言いながら髪の毛を何本もちぎっていく客に虐められ、あたしは地獄にいる気分だった。イラマチオ地獄。