検索
  • 櫻井千姫

ハッピーエンドだけが美しいわけじゃない

こんばんは、千姫です。


ツイッターでも紹介したのですが、今日はこの本から話に入らせていただきましょう。


真梨幸子さんの「人生相談。」



新聞の悩み相談コーナーに寄せられる、数々の悩み。


深刻ものから、ふざけて書いたようなもの、これは創作では?と思わせるものまで、


その数は多岐に渡ります。


「悩み相談」を軸に展開されていく、登場人物たちの狂い始める人生...


真梨幸子さんといえば「イヤミス」の女王。


ミステリーであり、ブラックな読後感を残す作風が高く評価されています。


真梨さんの本を読むと、ハッピーエンドだけが美しいわけじゃない、ということを思い知らされる。


思えば、プロとして小説を書くようになってから、ハッピーエンドばかり書いてきたような気がします。


若い読者をターゲットとしているレーベルなので仕方ないといえば仕方ないのですが、


本来の千姫作品は現在メルマガで配信している小説のように、


痛々しくて胸がヒリヒリして、読んでどうしようもない気持ちにさせられるものが中心。


読者にすっきりした、という気持ちを与えるより、読み終わった後、これでいいのかな...とため息をつきたくなる小説のほうが、実は好きなんです。


「インディーズ」時代はそんな小説ばかり書いてきましたから。


なので、自分のやりたいことが存分に表現できていない、ライト文芸のレーベルで書くという今の状況は、正直、少し苦しい部分があります。


私はみなさんが思っているようなきれいな人間じゃないし、絞り出す作品だって、こんなにきれいなものばかりじゃない。


現在のライト文芸はハッピーエンド、ほっこり系、一辺倒な気がしますが


それだけが表現じゃない、という思いも強くあります。


読んで幸せな気持ちになる、なんか救われた。


そういう小説はたしかに美しいけれど、それだけが表現ではないのです。


特に今の情勢を考えると、ブラックなものよりはハッピーエンドやほっこり系を読みたくなるのも、人間としては当然の心情かな、とは思います。


でもハッピーエンド、ほっこり系だけに読書の趣味が偏るのも、それはそれでどうなんだろう...という気がしてしまうのです。


そんな思いで出した作品が、アンソロジー「ラストは絶対、想定外」に出した短編、「たまご」。


もともと「インディーズ」時代、純文学系の賞に出して落選した作品なのですが、


その当時の私らしい、きりきり尖ったアイスピックのような小説になっています。


読者の方は「え、これで終わりー!?」と、「ラストは絶対、想定外」のラストが


本当に想定外だった、という感じの感想を頂きましたが


これが出される時、担当さんに「本当に私の作品がラストでいいのですか?」と聞いてしまいました。


他の方の作品がハッピーエンド、ほっこり系だったので、


「たまご」を読むことでその気分が台無しになるのではないかと。


もう置いてない本屋さんも多いですが、気になる方はネット注文していただけると嬉しいです。


もうひとつお話させていただくと、


現在ステキブンゲイで連載中の「初恋の終幕」も、今までの千姫作品とはがらっと趣を異にしたもの。


中学生の初恋ストーリーなのに、三角関係になっちゃったり、四角関係になっちゃったり、


とにかくドロドロとしています。


性描写もきっちりと、手加減なく書いています。


とても気に入っている「インディーズ」時代の作品なのですが、


こういうのが書きたい私は、やっぱりライト文芸という枠の中では少し窮屈なのかな、と思ったり。


もちろん、ライト文芸はこれからも書き続けますが


もう少し高い年齢層を意識した、「文芸」にもトライしていきたいな、と私的には思うのです。


端的に言うと、ハッピーエンド、ほっこり系ばかりは書きたくありません笑


別にハッピーエンドもほっこり系も嫌いなわけじゃあないんですよー。


でも、そればっかり書いていると、やっぱり飽きる(^^;)


私が若い世代に伝えたいのは、こんな過剰にキラキラした世界なのか!!


と思っちゃうんですよね。


「ヒッキーヒッキーシェイク」の津原泰水さんも、昨年夏のおはなし会で同じことおっしゃってましたが。


美しいハッピーエンドだけでなく、美しいバッドエンドも書ける作家に成長していきたいものです。


それでは、今日もこの言葉で締めましょう。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして。


ヴィクトリー♡


21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希