検索
  • 櫻井千姫

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十六話

律希がアスファルトの上で、笑ってた。不思議な事に、あたしは歳を取ってるのに、律希は十六歳のままだった。信じられなかった。何かに騙されてるんじゃないかと思った。だって、律希が二十年も経ってあたしの前に現れるなんて、そんな事あるわけない。

 律希はたしかに「消えた」のに。

 「消えた」? どこへ?

 何も、「この世から消えた」なんて、決まったわけじゃない――。

「最後の力を振り絞って、念じたんだ。僕を未来に飛ばしてください、って」

 律希が得意げに微笑む。その笑い方は、記憶とまったく変わらなかった。

 確信する。この男の子は律希だと。

「未来に行って、千咲に会いたい。それが僕の、最後の願い。たぶん、十一分しかもたないけど」

「そんな、なんで……」

「だって、千咲が心配だったから。僕も千咲も、夜の世界でしか生きていけない。そんな千咲がどんな大人になったのか、ちゃんとこの目で見届けておきたかったんだ」

 涙がじわり、視界を歪ませる。

 自分が苦しい時に、そんな場合じゃないっていうのに、あたしの事を第一に考えてくれた律希。自分の命を削ってまで、あたしに尽くしてくれた律希。

 そんな律希に、あたしは何をした?

 いつまでも過去の失恋を引きずって、気持ちに応えてやることもせずに。

 この思いに気付いた時には、既に遅くて。

 誰よりも律希が好きだって、大切だって、伝えることすらできなかった。

「律希、ごめんね」

 あたしはぼろぼろ泣いた。三十六歳のおばさんの涙に価値なんてないのに、律希はあたしに近づいて、あの頃よくそうしてくれたみたいに、頭を撫でてくれた。華奢でやわらかい律希の手が、懐かしい温もりが、よりいっそう涙腺を刺激する。

「あたし、過去に行って何にも変えられなかった。未来も変えられなかった。少年院に行って、出所してからはずっと風俗嬢。最低な生き方、してる」

「……そっか」

「今では容姿のレベルが落ちて、普通のソープやヘルスじゃ全然稼げないから、プレイのきつい店に勤めてる。こんなふうになっても、あたし、昼間の仕事、やる気ないんだよ。笑っちゃうでしょう? アラフォーになっても、風俗にしがみついているイタい女なんて」

「そんな事ないよ」

 律希がそっと、薄い胸にあたしを抱きしめる。汗と柔軟剤の香りが混ざりあい、鼻孔に優しく流れ込んでくる。

「千咲は千咲なりに、頑張って生きてきたんだってわかるよ。ちゃんと、それなりに、年齢相応に苦労してきたんだなぁって。風俗嬢は、最低な仕事でも最低な生き方でもない。千咲は自分の歩いてきた道に、誇りを持つべきだよ」

「……あたし、何ひとつ持ってない。誇れるものなんて」

 職質されて仕事を聞かれたら困るような生き方を、十代からずっと続けている。

 風俗の仕事を悪い仕事だと思った事は一度もない。でも、不便な仕事、だとは思う。

 人にどんな仕事をしているのか聞かれたら返答に困るし、友だちも店で出会った子と以外は付き合ってない。あたしは「昼間」の世界に完全に目を背けて生きてきた。そもそも、親を捨て、故郷を捨て、自分勝手に一人で生きているあたしに、「昼間」の世界に今さら戻る資格なんてないんじゃないかと、最近では思っている。

「だったら、これから誇れるもの、を作ればいい」

 腕に力を込めながら、律希か言う。

「千咲はまだ、人生の折り返し地点にも達してないんだよ。若くして死んじゃった、僕とは違う。千咲にはまだまだ、可能性があるんだ。これから、があるんだ。千咲は千咲なりにこれからやりたい事を見つけて、それに向かって頑張っていいんだよ」

「やりたい事なんてひとつもないもん。あたし」

 十代の頃から今に至るまで、夢らしきものを持った事はない。

 むしろ、持つべきじゃない、と無意識のうちに自分に言い聞かせてたのかもしれない。

 どんな夢も、あたしには叶えられない。だったら最初から、何者にもならなければいいし、何者になる事も考えなければいい。

 そう、思っていた。

「諦めちゃ駄目だよ、千咲」

 律希はあたしを抱きしめ、髪を撫でながら言う。

 あぁ、これが奇跡なんだ。

 やっと奇跡が起こったんだ。

 律希は神様と言う名の意地悪野郎に殺されたけど、律希は律希自身の力で、ちゃんと奇跡を起こしてくれたんだ。

「千咲はまだまだ、夢を見ていいんだ。そりゃ、十代や二十代の頃に比べれば、選択肢は限られてくるだろうけれど。それでも今から目指したいこれからの事を、考えていいんだよ」

「――ありがとう、律希」

 少しだけ、頑張れそうな気がした。

 ずっと下ばかり向いて歩いてきたけれど、初めて前を向こうと思えた。

 たしかに、三十六歳はまだまだ若い。

 おばさんだけど、もう若くもきれいでもないけれど。

 おばさんらしい図太さで、出来ることだってちゃんとあるはずなんだ。

「あたし、律希が好きだよ」

 律希を抱きしめ返しながら、言葉を紡ぐ。ずっと言いたかったこと。言えなかったこと。

「祐平じゃなくて、律希が好き。ごめんね。あの時、気付けなくて」

「それを聞けて、僕も良かった。僕も千咲が好きだから。愛してるから」

 愛してる。

 その五文字をどれだけ、求めていただろう。

 いくら身体を売っても、お金を手にしても、手にしたお金をブランドものにして鎧のように着飾っても、あたしの心は埋められなかった。

 ずっと、愛が欲しかったんだ。

 お金なんて、本当は欲しくなかったんだ。

 律希に言われたとおり、あたしは小さい頃から親の愛情に飢えていたから。

 愛してる、って抱きしめてくれる腕を、ずっと求めていた。

「千咲、僕はこれからたぶん、消える。でも、泣かないで。この世からいなくなっても、いつも心は千咲と一緒だから。天国からずっと、千咲のこと見守ってる」

「ありがとう……律希」

「ごめんね。ずっと一緒にいてあげられなくて」

 ぶんぶん、首を横に振った。律希がくしゃり、とあたしの頭を撫でて、そしてあたしたちは笑った。

 笑い合いながら、歌舞伎町のアスファルトの上であたしたちは最後のキスをした。

 まもなく、律希の身体が金色に発光する。眩い粒子に包まれ、律希の身体が少しずつ透けていく。あたしはそれを必死で押しとどめようと、消えていく律希を抱きしめた。

「律希。まだ駄目。行かないで」

「ごめん。もう、無理なんだ」

 律希は困ったように笑って、そして蛍のような光を散りばめながら夜の空気に溶けていった。

 律希が消えた路上に、あたしはしばらく泣きながら立ち尽くした。何人か、同業者っぽい人たちがあたしの横を通り過ぎていくけれど、泣いているあたしを気にする人はいない。涙はいくらでも溢れて、溢れて、止まらなかった。

 あたしは、これから、ちゃんと生きよう。自分のやりたい事を、ぼんやりとでもいいから見つけよう。それに向かって、今まで一度もしてきた事のなかった努力ってやつをしてみよう。

 頑張れなかったのは、その人のために立派な姿を見せたい、と思える人がいなかったから。

 自分の事だけ考えて生きてきたから。

 あたしには、まともになるだけの理由が、なかったんだ。

 でも今のあたしには、律希の魂がついている。律希の心がついている。

 律希とあたしはこれからもずっと一緒なんだから、大丈夫だ。

「お姉さん、何泣いてるの?」

 斜め上から降ってきた声に、振り返る。四十代半ばくらいの、年齢にそぐわないファッションと髪型の男が立っていた。

「俺で良かったら、話、聞くよ? そこのバーとかで」

 あたしは力強く、首を横に振る。

「あたし、彼氏いるから、男の人と飲んだりとかできないんで。ごめんなさい」

 それだけ言って、歩き出した。

 ハイヒールが立てる靴音が、元気よく歌舞伎町の夜の底を揺らした。



13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十五話

少年院を出た後、あたしは引き取り手がいない未成年のための更生施設に送られた。三日で、そこを飛び出した。既に十八歳になっていたあたしは、もう堂々と身体を売れる年齢になっていた。もう大嫌いな「まともに生きてる大人たち」の顔色を窺うこともなければ、女子だらけの世界で他の女の子に気を遣う必要もない。少し遅れてしまったけれど、あたしはまた、渋谷に戻る。そして今度こそ法の目を気にせず、堂々と身体を売る。その気

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十四話

第十二章 奇跡 あたしと同い年ぐらいの客は長い髪をひっつかみ、ガンガンと激しいイラマチオをしてくる。 喉の奥まで侵入してくるペニスが苦しく、あたしは息さえもろくにできない。弱弱しく泣き声を漏らすと、客はより興奮したらしく、その手の、その腰の、動きがよりいっそう激しくなる。 「もっと喚けよ」 そんな事を言いながら髪の毛を何本もちぎっていく客に虐められ、あたしは地獄にいる気分だった。イラマチオ地獄。

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」