検索
  • 櫻井千姫

千姫流の四連休

どうも、こんにちは、千姫です。


先ほど、会員限定メルマガを配信しました。


会員限定メルマガでは小説の書き方やおすすめの本なども紹介していますし、


占い・写真・詩・エッセイなども自由にシェアできるシステムなので、


「好きな事をして生きていきたい!」という方のためのクラブです。


自分の告知は、ほぼやっていないです(笑)


さてさて、全国各地の水害を心配している暇もなく、


東京はコロナで厳戒態勢の四連休!!


みんな、正直、とっても困っています。


バーゲンで買い物したい。飲みに行きたい。今できることをやっておかないと、また緊急事態宣言が出されてしまう。


20代30代の感染者が増えていると報じられていますが、


その世代は行動力があって、独身なら経済力もある。


若い世代に自粛を促していたら、経済が回らないんですよね...


すごく難しい問題だと思います。


とりあえず千姫は、原宿ラフォーレのグランパには行かず。


雨だし、ここなら大丈夫かな? ということで、


下着を買いに新宿まで行ってきました。


女性ならわかると思いますが、下着ってはっきり言って消耗品だし。


試着してみないとサイズが合わなかったりするので、できるだけ通販じゃなくて店舗で買いたいんですよね...


新宿のデパートは、あちこちに消毒液を置き、人気のショップでは入り口で検温もやっていたりして。


なかなか、厳戒態勢です。


ずっと欲しかったヌーブラと、ブラとパンティのセットをSALEでゲット。


セクハラになるので、写真は載せません(笑)


アプリに登録すれば安くなりますよ~と言われたので、


店員さんに教えてもらって、アプリをダウンロード。


こういうことは、本当に300才にはきついです...(^^;)


スマホに強くなりたい~!!


吉本ばななさんのエッセイを読みたいのですが、登録できなくて読めないんですよ...(もはや馬鹿を通り越した別の何か)


noteってシステムが謎です。


そんなことはどうでもいいので、適当に写真を載せたいと思います。




昨日、近所のカフェでお仕事していて、


寒かったので帰りに羽織りものを買いました。


太っちゃったので、メンズものがちょうどいいです。


ちなみにセールだったので、3000円くらいでした。




家に帰ってダラダラしていたら、ネイルサロンの予約を忘れてた~!!


慌てて支度をして、徒歩15分のネイルサロンへ。


角質ケアまでしてもらって、しっかりリフレッシュ。


ネイルは足で楽しむ派です。


ピアノ弾くし料理するしキーボードで文章打つので、ハンドネイルは邪魔でしかありません(笑)




お豆腐屋さんの前を通ったらただでおからを配っていたので、


夕べのご飯はおからの炒め物。


ごま油を使い、長葱と炒めて、卵と調味料を適当にぶっこめば完成です。


例のごとく、作り過ぎました...


これ、四人前ぐらいあります(笑)


まだまだ三浦春馬さんショックを引きずりつつ、千姫はなんだかんだ、元気で過ごしています。


今日はこれから、自宅でプロットを練る作業。


コーヒーとチョコレートを相棒に頑張ります。


進まなかったら、カーペンターズかチェットベイカーを聴こうと思います。


それでは、水害で大変な思いをした方。


コロナで苦しい思いをしている方。


すべての方の健康と幸福を願って、今日もこれで締めましょう。


人類に与えられた試練に、勝利することを祈りつつ。


ヴィクトリー♡

34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希