検索
  • 櫻井千姫

危険!土用警報発令中

どうも、こんばんは、千姫です。


最近、コロナの感染だけでなく、


郡山で大爆発が起こったり、嫌なニュースが多いなぁ...


と思って。


よくよく考えたら今、土用中でした。


8/7(金)まで、気学(ナインスター)では、土用期間に当たります。


この期間は、土いじり禁止、工事禁止。


引っ越し、旅行も禁止!


と駄目駄目なことだらけで「じゃあいったい何やったらええねん!」て話なのですが


そもそもこの期間は、人間のメンタルも体調も崩しやすいです。


土用は年に4回、3週間ほどあるのですが


みんな見事に、季節の変わり目なんですよね...


今回の土用は、夏のいちばん暑い時期。


ただでさえ暑さで体力が失われている時に、コロナに罹ったらひとたまりもありません。


ご年配の方やお子さんだけでなく、若い方も注意が必要です。


7月は日本各地での水害で大変な事になりましたが


これから今度は台風、ゲリラ豪雨のシーズンですからね。


コロナ対策だけではなく、災害対策もみなさま、ゆめゆめ怠らないようにして下さい。


天才と天災は本当に、忘れた頃にやってきます。




今日の夕飯は近所のすぱじろうでした。


外食とかあんまりしたくないのですが、


大好きなすぱじろうが客足が遠のいて潰れたりしたら困りますからね...


隣の席のお兄ちゃんたち、食べ終わってもマスクつけないで、延々とコロナの話してるの...


みなさん、飲食店に行くのはいいですが


食べてる時以外はマスクしましょうね。


小人数での会食でも、食べ終わったらちゃんとマスクして飛沫が散らないように。


一人ひとりがちゃんと気を付ければ、罹る人も減るはずなので。




最近ベランダ園芸を考えているのですが


どうせなら食べられるものを育てよう!!


ということで、キッチンでミニキャロットを育て始めました。


夏だからすぐ芽が出てくるはずなのですが、部屋が暑すぎるのか、発芽の気配なし。。。


人参、基本的に嫌いなのですが、自分で育てた人参なら食べられるかなって。


葉っぱも栄養たっぷりだから、野菜炒めに使えますからね。


昨日のブログで、TikTokで配信しようかな...と書いたら、


ちょこちょこ反応がありまして。


衝動的に、TikTokをダウンロード。


スタ文作家の加賀美真也さんの動画が観たかったのですが


you tubeと違って編集しなくてもいいし。


本の紹介はyou tubeでやって、「小説家の日常動画」はTikTokでやって。


そんな配信を今計画しているのですが


そもそも使い方がよくわかっていません...(T0T)


機械に弱い!


300才のおばあちゃんの欠点!!


もう、平成生まれの子にはついていけません(リアルに...)


最近はレジの会計も複雑になっていて


電子マネーやらクーポンやらを使う度に、年上の店員さんに教えてもらうのがすごく恥ずかしかったりします。


「今時の子は機械に強いって言うけれど、そうでもないのねぇ...」


と、内心が読めてしまいます(T0T)


でも今、リアルに接客業のレジは大変だと思いますよ。


なんとかペイとか増えすぎですから!


私も昔、少しコンビニでバイトしてましたが


ナナコもスイカもない時代でも、レジは大変でしたからね...


たくさん買っていく人だと、おにぎりとかビニール袋に入れ忘れちゃったり(^^;)


でも田舎のコンビニだったので、事件は多かったです。


小学生が万引きとか。


小学生が下校中に道に迷っておばあちゃんが迎えに来たりとか。


若いお兄さんに「弁当どこですか?」て聞かれて


「お弁当こちらです」って言ったら、笑いながら「便所どこですか?」


て言うんで...


お互いめっちゃ苦笑いしながら「こちらです」って言ったりとかね...


弁当と便所すら聞き分けられないのか!!


妖精はどれだけ耳遠いんだ!!


というわけで、妖精にはコンビニのバイトすらろくに務まらなかった、というお話であります。


山になってる買い物籠をひっくり返したり、大変でした...


ファミレスでバイトしてた時はお盆ごとひっくり返しましたから、それよりはマシですけど。


妖精に務まるお仕事はパチンコ屋さんのティッシュ配りくらいしかありませんでしたw



何だか、どうでもいい事をつらつら書いてしまったのでこのへんで終わりにします。


それでは、コロナの終息を願って。


日本各地で水害に遭われた皆様が、一刻でも早く穏やかな日々を取り戻せることを願って。


今日もこの言葉で締めましょう。


ヴィクトリー♡

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希