検索
  • 櫻井千姫

地上45階でアフターヌーンティー

どうも、こんばんは、千姫です。


「天国までの49日間 ラストサマー」


発売まであと10日...


デビュー作であり、いちばんのヒット作の第三弾ということで


千姫も気合入りまくりです。


というわけで、先日、テンション上げるためにも


お友達のメロウェイビーちゃんと一緒に


アフターヌーンティーに行ってきました♪



サンドイッチやケーキ、スコーンもついた本格的なアフターヌーンティー!!


飲み物は30種類から選べて、特に紅茶がおいしいです。


金箔入り緑茶、パンプキンティー、いちご紅茶など3杯も飲んじゃいました!


お腹いっぱい。


当分甘いものいりません(笑)



この日のロリィタは、イノセントワールド。


ネイビーのジャンスカはテディベア柄ですごく可愛いです♡


可愛い柄なのに、色味がシックで、秋らしく着れる!


やっぱり特別なアフターヌーンティーには、可愛いロリィタで♪



地上45階から見た景色。


ちょっと、曇ってますねー。


何気に東京スカイツリーも見えたりする。


東京は、街にすっかり人が戻っています。


一時期は閑散としてたのに、再び活気が出て来たという感じ。


日毎の感染者数を発表されるとまだまだ油断はできませんが


7月とかに比べれば、だいぶ落ち着いてきた感じがします。


冬は冬で、コロナとインフルのダブルパンチで大変なことになりそうですけれど...


みなさん引き続き、うがい手洗い、マスク、徹底して予防していきましょうね!


もう、ステイホームってご時世じゃないですから


普段通りに生活しながら、いかに感染しないことが大事だなーと思ったりしています。


経済を回しつつ、ちゃんと警戒しつつ、むやみやたらと怖がり過ぎない。


というわけで、今日も参りましょう。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして!


ヴィクトリー♡

26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十六話

律希がアスファルトの上で、笑ってた。不思議な事に、あたしは歳を取ってるのに、律希は十六歳のままだった。信じられなかった。何かに騙されてるんじゃないかと思った。だって、律希が二十年も経ってあたしの前に現れるなんて、そんな事あるわけない。 律希はたしかに「消えた」のに。 「消えた」? どこへ? 何も、「この世から消えた」なんて、決まったわけじゃない――。 「最後の力を振り絞って、念じたんだ。僕を未来に

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十五話

少年院を出た後、あたしは引き取り手がいない未成年のための更生施設に送られた。三日で、そこを飛び出した。既に十八歳になっていたあたしは、もう堂々と身体を売れる年齢になっていた。もう大嫌いな「まともに生きてる大人たち」の顔色を窺うこともなければ、女子だらけの世界で他の女の子に気を遣う必要もない。少し遅れてしまったけれど、あたしはまた、渋谷に戻る。そして今度こそ法の目を気にせず、堂々と身体を売る。その気

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十四話

第十二章 奇跡 あたしと同い年ぐらいの客は長い髪をひっつかみ、ガンガンと激しいイラマチオをしてくる。 喉の奥まで侵入してくるペニスが苦しく、あたしは息さえもろくにできない。弱弱しく泣き声を漏らすと、客はより興奮したらしく、その手の、その腰の、動きがよりいっそう激しくなる。 「もっと喚けよ」 そんな事を言いながら髪の毛を何本もちぎっていく客に虐められ、あたしは地獄にいる気分だった。イラマチオ地獄。