検索
  • 櫻井千姫

変わりつつあるこの世界

どうも、千姫です。


昨日は一日オフにしたので、今日は頑張ろう!


と11時半まで寝てました笑


寝るの1時半とかなのに、きっちり10時間寝てしまう。


明日は教会のオンラインミサなんで早起きしたいんですが


この調子で、起きれるのでしょうか...


朝ご飯はいつもの、変わりばえのしないメニューなんで載せません。


お昼はこちら。

自分で作ったのはゴーヤとツナのサラダだけで


後は昨日の晩ご飯に残った鮭を焼き、スーパーのお刺身で


良質なタンパク質中心のお昼ご飯にしたのですが


ゴーヤはしっかり余ってしまいました(^^;)


夕ご飯に流用!!


このままだと夕ご飯を作るのが面倒臭くなって、また出前に頼るパターンかもしれません。


ちらし寿司+ゴーヤみたいな。


書き始めるのが、今からですからね。


それまで何してたかっていうと、一週間ぐらい行こうとして行けなかった


近所の「あーる工房」へ。


ロリィタ服のリボンが壊れちゃったので直してもらったのですが


やっぱりプロの仕事はきちっとしていていいですね。


お気に入りのお洋服だったので、着れなくなってすごく悲しかったのです。


これで近所を堂々とロリ散歩できます。


あーる工房に行ったついでに、密じゃない場所をふらついてたのですが


新しい発酵のお店には美味しいビールがたくさん置いてあったり、


海外のお酒をたくさん扱った酒屋さんがあったり、


歩いて行ける距離にベトナム料理のテイクアウトをやってるお店を見つけたり。


遠出ができない昨今、外出はもっぱら近所のお散歩。


同じことを考えている人がたくさんいるせいか、人出はむしろコロナ前より多くなった気が。


よく行く花屋さんも店内の営業はせず、外のみの営業で


この時期に育て始めるのにぴったりなハーブや苗ものがたくさんあったのですが


「ステイホームだからガーデニングでも始めよう」


という人がたくさんいるのか、いつもよりも賑わってた気がしました。


千姫は買いませんですけどね、植物。


すぐ枯らしますから(^^;)


風が吹くと桶屋が儲かる、なんてことわざもありますが


今の状況はまさにその通り。


小池都知事は「この機会にお家のお片付けをやってみましょう」


なんて都民向けの動画も配信し、こんまりさんの書籍もLINEノベルでめちゃくちゃ読まれていますが


みんながお片付けを頑張った結果、ゴミ処理場、特に古着を扱うところがパンクしてるなんて、誰が想像したでしょう。


ゴミ処理場がダメとなると、ブックオフ系はもしかしたら買い取りが殺到して大変なことになっているかもしれません。


メルカリに出品する人も多いんじゃないでしょうか。


普段と違うこの状況で職を失う人がたくさんいる一方で、


コロナ前よりも忙しくなってしまった人もいる。


スーパーとかは求人募ってるみたいですし。


コロナが収まっても、リモートワークいいじゃん! オンライン授業いいじゃん!


となる人が増えたら、この社会の仕組みそのものが大きく変わる可能性もあるんですよね。


たとえばネイルサロンもお客さんのご自宅まで出張する形になったり、


ネイル道具をお客さんのところに郵送して、動画でネイルのやり方をレクチャーする。


そんな仕事のやり方が当たり前になってしまうかもしれません。


小説も、紙書籍より、ネットで読めるものにいよいよ、本腰を入れていかなければならないのかもなぁ、これから。


紙の本がなくなってしまうのはとても寂しいですが、時代を考えると仕方ありません。


「おじいさんのランプ」ていう新見南吉さん(たしか...)


という童話を思い出しながら、そんなことを考えています。


何はともあれ、コロナが早く終息するよう、一人ひとりが予防を徹底していかなければなりませんね。


それでは、今日も人類がコロナに勝利した姿をイメージして。


ヴィクトリー♡

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十六話

律希がアスファルトの上で、笑ってた。不思議な事に、あたしは歳を取ってるのに、律希は十六歳のままだった。信じられなかった。何かに騙されてるんじゃないかと思った。だって、律希が二十年も経ってあたしの前に現れるなんて、そんな事あるわけない。 律希はたしかに「消えた」のに。 「消えた」? どこへ? 何も、「この世から消えた」なんて、決まったわけじゃない――。 「最後の力を振り絞って、念じたんだ。僕を未来に

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十五話

少年院を出た後、あたしは引き取り手がいない未成年のための更生施設に送られた。三日で、そこを飛び出した。既に十八歳になっていたあたしは、もう堂々と身体を売れる年齢になっていた。もう大嫌いな「まともに生きてる大人たち」の顔色を窺うこともなければ、女子だらけの世界で他の女の子に気を遣う必要もない。少し遅れてしまったけれど、あたしはまた、渋谷に戻る。そして今度こそ法の目を気にせず、堂々と身体を売る。その気

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十四話

第十二章 奇跡 あたしと同い年ぐらいの客は長い髪をひっつかみ、ガンガンと激しいイラマチオをしてくる。 喉の奥まで侵入してくるペニスが苦しく、あたしは息さえもろくにできない。弱弱しく泣き声を漏らすと、客はより興奮したらしく、その手の、その腰の、動きがよりいっそう激しくなる。 「もっと喚けよ」 そんな事を言いながら髪の毛を何本もちぎっていく客に虐められ、あたしは地獄にいる気分だった。イラマチオ地獄。