検索
  • 櫻井千姫

夏の終わりに夏祭り

どうも、こんばんは、千姫です。


まだ書籍化の確約頂いていない新作が


75000字突破してしまいました!


気が付いたら、10ページ以上書いていた...


完全に過集中モードになりつつあります。


要は、危険です。


このモードになるとご飯を食べる事もトイレに行く事も


大事な用事も忘れてしまうので


手帳とかも大して意味ないです。


手帳を見る事すら! 忘れてしまうから!!


我ながら重症ですね...


周囲には、「私は異常なほと忘れっぽいので、


ニワトリは三歩歩くと全部忘れるらしいけれどそのレベルなんで


大事な用事とか事前にラインしてね」


と伝えているのですが


発達障害の人は、親しい人には予めそう言っておいた方がいいです。


過集中の結果、デートをすっぽかしても怒らない恋人を作りましょう!!


そんな人いるのか...



執筆後、最近できた近所の商店街の夏祭りに寄りました。


今年は神社の例大祭も中止になっちゃって、ちょっと寂しい夏だったのですが


こういうイベントをやってくれると、すごくありがたい!!


夏はやっぱり、夏祭りですよ。


来ているのはほとんど近所の人たちなんですが、


みんな屋台で美味しいものを買って、好きなところに座って食べてました。


いいよなぁ。夏祭り。



ノリで買ってしまった、600円のノンアルコールのサングリア。


お酒の中ではサングリアがなんだかんだいちばん、好きかなぁ。


これはお酒じゃないけど...


フルーツがいっぱい入っていて美味しいし。


でもストロー刺してあるけど、これ、フルーツはどうやって食べればいいんですかね...?(^^;)



タダでヨーヨー釣りができるので、ひとつ、釣ってきました。


といっても、釣りに使う道具がもうなくなってしまうので


ただ持ってきただけ...


それはヨーヨー釣りじゃなくないですか? と思わずスタッフさんに突っ込んじゃいましたよ笑


パープルは人気なのか、もう、これひとつだけ。


最近の人気色は、パープルらしいです。


風船を配っていると、子どもたちはみんな「紫!」と言うらしい。


たしかにラベンダー色のランドセル背負ってる小学生、よく見るけれど。


なんでパープルなんだろう?


男の子が持ってても女の子が持ってても不自然じゃないから??


ちなみにパープルは、頭のてっぺんのチャクラを刺激するカラーです。


アメジストなど、パープル系のパワーストーンを持っていると


潜在意識、守護霊さんなどと自然にアンカリングできます。


物書きにとって、パープルはベストなカラー。


直感的なものを刺激してくれる色ですからね。


物書きだけでなく、クリエイティブな仕事をしている人には、パープルはおすすめです。


パープルの服、下着、小物など、身のまわりのもの、身に着けるものを、


パープルにしてみると直観力が高まります。


もちろん、それ以外に、その人に応じたラッキーカラーもあるんですけどね。


まぁ、その話は、今度するとして。


なんだか、コロナもまだまだ猛威を奮ってますし、残暑厳しいですし、台風なんかも来ていますか...


みなさん、どうかお元気で。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして!


ヴィクトリー♡



22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十六話

律希がアスファルトの上で、笑ってた。不思議な事に、あたしは歳を取ってるのに、律希は十六歳のままだった。信じられなかった。何かに騙されてるんじゃないかと思った。だって、律希が二十年も経ってあたしの前に現れるなんて、そんな事あるわけない。 律希はたしかに「消えた」のに。 「消えた」? どこへ? 何も、「この世から消えた」なんて、決まったわけじゃない――。 「最後の力を振り絞って、念じたんだ。僕を未来に

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十五話

少年院を出た後、あたしは引き取り手がいない未成年のための更生施設に送られた。三日で、そこを飛び出した。既に十八歳になっていたあたしは、もう堂々と身体を売れる年齢になっていた。もう大嫌いな「まともに生きてる大人たち」の顔色を窺うこともなければ、女子だらけの世界で他の女の子に気を遣う必要もない。少し遅れてしまったけれど、あたしはまた、渋谷に戻る。そして今度こそ法の目を気にせず、堂々と身体を売る。その気