検索
  • 櫻井千姫

夏休みが終わりました

こんばんは、千姫です。


療養期間に徹していた三日間が終わり、今日から通常営業。


といっても、14時まで寝てました笑


寝たのは夜の2時...


12時間睡眠!?


これくらい寝ないと、疲れがとれないのです。


逆に身体が心配になります。



昨日のロリィタ。


ロリィタといってもMILKですから、ロリィタであってもロリィタじゃありません。


MILKはロリータさんじゃない子も好きなのです。


ちょっとお高いので、セールを活用。


クラゲ柄のワンピースは50%オフで8000円くらいでした!



昨日のお昼。


ちょっと奮発して、蟹とイクラとウニがのった釜飯にしました。


出前で、作ってから届けてくれるの♪


そこそこいいお店なのでそこそこお値段しますが、なかなか美味しいです。


ウニって、いいウニだと本当美味しいんですよね~


蟹もイクラも大好き!!


お疲れ気味なので、しっかりパワーチャージです。



お昼は贅沢しちゃったので、夕ご飯は自炊で節約しました。


メカジキのソテーは、塩こしょうしてオリーブオイルで焼いて、


砂糖、しょうゆ、お酒で味付け。


ご飯が真っ黒なのは、玄米と古代米をミックスしているからです。


ダイエット中につき、普通の白米は食べません!


ご飯を栄養たっぷりの玄米や古代米に変えるだけで、栄養がしっかり摂れるんですよ~


三連休、遠出せず、うちの周りだけでのんびり過ごして


のんびり執筆したお陰で


だいぶ元気になりました。


今日はこれから、ジム行ってきます。


いっぱいダラダラしたから、今夜は運動!


それでは、東京都の感染者数こそ減りましたが


コロナはまだまだ警戒も必要ですし、


残暑も厳しいし、台風も来てますが。


みなさん、どうかお元気で。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして!


ヴィクトリー♡



35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希