検索
  • 櫻井千姫

天49「ラストサマー」発売プレイベント

こんばんは、千姫です。


今日は元気に9時半に起床!


近所の教会のミサ行って、「新刊刊行感謝献金」を神様に捧げ、


見本誌をいつも私の本を読んでくれるおばあちゃんにプレゼントしてきました。


近所の教会のご年配の方の間で、櫻井千姫がひそかなブームになりつつあります笑



米俵と記念撮影するロリィタ。


近所の商店街の福引の抽選シール、このお店ではお買い物をしなくても


米俵の前で記念撮影するだけでシールがもらえちゃいます!!


店内には地球にいいものを使った、こだわりのお野菜やお米がたくさん。


食器とかもあって、見てるとどんどん欲しくなっちゃうので困ります笑


この後同じく福引シールをくれる本屋さんがあったので、吉本ばななさんの本を二冊買いました!!



さっそく、いつものカフェで読書。


いつもはブレンドコーヒー頼むのですが


お腹空いてたのでおやつ代わりに和三盆ラテ。


ほんのり甘くて、牛乳の優しい匂いがします。


吉本ばななさんのこの本は、下北沢が舞台なのでこれからの展開が楽しみ。


死からの再生...吉本ばななさんの本は、そこを普遍のテーマにしていますよね。



19時~からのツイキャス配信


天国までの49日間 ラストサマー 発売プレイベントで


はくあ様に素敵な写真を撮っていただきました♡


イノセントワールドのこのお洋服、めっちゃお気に入り♡


ロリィタ服は無地か黒が最近は好きです。


今日も一日、みっしり充実した一日。


小説も書きましたからね。疲れた~!


9時半から起きてたら今の時間には既に眠くなります。


もう、メイク落としてダラダラして、寝るモードに入ろうと思ってます。


それでは、東京は少しコロナ落ち着いた感はありますが


まだまだ油断はできないので


みなさん気を引き締めて参りましょうね。


台風への対策もしっかりと!!


人類はコロナに負けないぞ!!


ヴィクトリー♡

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十六話

律希がアスファルトの上で、笑ってた。不思議な事に、あたしは歳を取ってるのに、律希は十六歳のままだった。信じられなかった。何かに騙されてるんじゃないかと思った。だって、律希が二十年も経ってあたしの前に現れるなんて、そんな事あるわけない。 律希はたしかに「消えた」のに。 「消えた」? どこへ? 何も、「この世から消えた」なんて、決まったわけじゃない――。 「最後の力を振り絞って、念じたんだ。僕を未来に

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十五話

少年院を出た後、あたしは引き取り手がいない未成年のための更生施設に送られた。三日で、そこを飛び出した。既に十八歳になっていたあたしは、もう堂々と身体を売れる年齢になっていた。もう大嫌いな「まともに生きてる大人たち」の顔色を窺うこともなければ、女子だらけの世界で他の女の子に気を遣う必要もない。少し遅れてしまったけれど、あたしはまた、渋谷に戻る。そして今度こそ法の目を気にせず、堂々と身体を売る。その気