検索
  • 櫻井千姫

天49 ラストサマー 書影公開です

こんばんは、千姫です。


新しい首相が決まった今日、女優の芦名星さんの死がニュースで流れました。


また自殺...


恥ずかしながら、最近の女優さんのことあんまりわからなくて


この方のこともあまり知らなかったのですが


三浦春馬さんに続き、また若い命が失われてしまいました。


享年36才。若すぎる。


こうも続くと、やっぱりコロナが関係してるんじゃないか?と思っちゃいます。


芸能人の方々は、今まで忙しく仕事していて、突然、コロナになって強制的に休みになるわけで。


家でできる趣味がなく、友だちと会ったり、おしゃべりしたりする事が趣味だった人にとっては


やっぱりコロナは鬱を引き起こす要因なのではないかと...


まぁ、私が言わなくても既にいろんな人が指摘されている事だとは思いますが。


精神科を受診する方の数も、増えているらしいです。


正直、しんどいですものね。ずっと家にいなきゃいけない、遠くへお出かけできない、友だちに会えないって。


三浦さんも芦名さんも、元からいろいろ抱えていたものがコロナによって増幅されたのでは?


なんて勘ぐってしまうんです...


コロナの怖さは、直接命を奪うことだけではない。


今年ほど命について考えさせられる年はないのですが


命について考えるシリーズ「天国までの49日間 ラストサマー」


が、9/28発売。


書影画像を、担当様からいただきました。



こちらが、帯なしバージョン。


げみさんの手による、とても素敵な表紙になっています。


げみさんは雨の絵がお得意なので、物語の中にも雨が降るシーンを追加したんです(^0^)


水面を叩く雨が非常に美しく表現されています。



こちらが、帯ありバージョン。


「天49」「アナザーストーリー」


合わせて25万部突破です!


オレンジがベースのカバーは、表紙と見事マッチしてますね。


ぜひ9/28以降、店頭でこの表紙を見かけたらよろしくお願いします。


発売記念イベントツイキャスは10/9 22時~にやります!


発売から10日ほど経っているので、「読みました」という方の感想をツイッターのDM、


ホームページのメールフォームから募集し、読み上げたいと思います。


ひとつも感想なかったら寂しいのでぜひぜひ、お願いしますね(笑)


命について考えさせられる一年に相応しい、命の物語になっています。


それでは、コロナも少し落ち着いてきて


10月から東京もgo to トラベル対象になり、


秋の行楽シーズンに向けてみなさんウキウキしておられるかと思いますが


(ちなみに千姫も旅行を考えてます)


旅行を計画してもコロナで台無し...にならないよう、


引き続き、しっかり警戒していきましょうね。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして!


ヴィクトリー♡

28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希