検索
  • 櫻井千姫

強制的に夏休み

こんばんは、千姫です。


木曜日に今年四度目の熱中症(室内で...)になってしまったので


週末は強制的に療養期間にしました。


外出は最低限に済まし、執筆もあんまり頑張りません。


ダラダラ、映画とか観てます。


「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」


いい映画だったなぁ。


9.11で父親を亡くした少年が父が遺した鍵を見つけ、


父の死を乗り越えるために「鍵穴探し」のために、


いろいろな人と関わることで成長していく...という


ハートフルなヒューマンドラマなのですが、


途中で「間借り人」が登場したり、親切な人に出会ったり、


主人公の少年が成長していく過程を非常に見事に描いています。


何度観ても、ウルッと来ちゃう映画。


ラストには爽やかな感動が待っています。


発達障害グレーゾーンの子どもの描き方も、見事です。


オスカーはまるで私みたいです(笑)



近所の喫茶店で飲んだ、生オレンジジュース。


注文を受けてから、オレンジを絞って作ってくれます。


鼻にツンと抜けるオレンジの香りがたまりません。


この喫茶店、前もアイスティーを注文したのですが


まだコーヒーを頼んでいないのですよね...


コーヒーの美味しい喫茶店でコーヒーを頼まないというのも


すごく勿体ない気がするので、今度はコーヒーを頼んでみたいと思います。



今年初のかき氷。


やっぱり宇治金時サイコー!


ガストはテンパっていたのか、最初、あずきも白玉もなしできちゃって、作り直してもらいました。


そして導入されたタッチパネルの操作が分からず、結局、店員さんを呼びました...


機械に弱くて何もできない妖精(汗)


最近の人間界は、なんでも機械化されちゃってるのでしんどいです...



熱中症には冷えピタがいいよーといろんな人に教えてもらったので


熱さまシートをアマゾンで大量購入!


大量に買い過ぎちゃって、冷蔵庫に入りきりません(笑)


食料品を置くスペースがなくなった...


身体弱いから、もう、熱中症はなること前提で動きたいと思います。


なったらなったで、OS-1と冷えピタで乗り切るのです。


そもそもこのマンションは築50年で、エアコンもあんまり効かないし


寝室にはエアコンがないので、扇風機で頑張っているのですよ...


もう、そもそも環境からしてダメですね(^^;)


ちなみにエアコンの風が苦手なので、夏場でもドライで、プラス1度にしています。


部屋では長袖!!


すごい寒がりなんです...


筋肉ないから、かなぁ。


さて、「ステキブンゲイ」にて連載スタートした


「16歳の遺書」が今日のお昼に更新されました。


学校でも家でも上手くいかず、SNSだけを自分の居場所としていた


主人公の城野絆。


そんな絆に接近するのは、クラスの中心的存在の徳川郁。


絆のゲタ箱に入っていたルーズリーフの差出人とは...!?


序盤こそ、絆の病みっぷりが生々しく、痛々しいので


読んでる方も書いてる方も鬱になりますが


郁が存在感を増していくことにより、物語がどんどん楽しくなっていくので


これからの展開にご期待願います。


9月発売「天国までの49日間 ラストサマー」の


発売前の最後の作業も終わり、カバーが仕上がりました。


まだお見せできないのが残念...!!


「天49」は二作続けてヒットして、シリーズ累計25万部なんですよ。


願わくば「ラストサマー」もヒットして、累計30万部を狙いたいものです。


それでは、まだまだコロナが猛威を奮っていて


夏をしっかり楽しめなかった人も多いかと思いますが。


来年こそ、すべての子どもが、大人が、夏をエンジョイできるよう、願いを込めて。


人類はコロナに勝利するぞ!!


ヴィクトリー♡

34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希