検索
  • 櫻井千姫

意味のある朝勃ちと意味のない夕立ち

こんばんは。


朝勃ちに意味はありますが、今日みたいにものすごく暑いと


ちょっと夕立ちがあったくらいじゃ、全然気温下がりません!!


28度って結構暑いですよ。湿気もすごいし、マスク蒸れますよ。


最近知ったんですが、ゲリラ豪雨というのは、予測できない豪雨。


今日みたいに予測できる雨は、ゲリラ豪雨とは言わないらしいですね。


難し過ぎるぞ気象用語。


そういう事も知らず、小学校の頃の私は「気象予報士になりたいな...」と漠然と思っていた事もあります。


理系のセンスがないし、あの資格、そうとうレベル高いですから、まず無理でしょうね...



今年はグランパに行けなかったので、今さらながらマルイの10%オフセールへ。


ただでさえ安いセール品が10%オフ、さらにカードもポイント貯まってたので


定価で14000円くらいするカーディガンが、ソックスと合わせて買っても7000円くらい。


新宿のマルイアネックスは全然密じゃありません。


これだけ暑いと、ロリィタさんもロリィタで外出したくないのです(笑)


どのお店でも、入店時には消毒液。


自分でも携帯してるんですが、そろそろ肌荒れが心配です...


かぶれない消毒液ってないのかなぁ。



喉が渇いたので、帰りは近所のイタリアンのお店で


かる~くアルコールが入ったカクテルを頂きました。


夕焼けの空みたいな色のカクテルは、ほんのり甘くてほろ苦くて、レモンが聴いてます。


今日はレモン、ペパーミント、炭酸水、サンドイッチとかが人類共通のラッキーフードなので。


ちなみにお昼もサンドイッチでした。



ツイッターで見かけたADHD診断。


80点台の人もいますから、私はやはりADHDよりASD(アスペルガー)


よりだと思います。


「知的、言語の遅れは見られない」

「限定的なものに対して異常なほどの興味を示す」


どれも、私に当てはまりますからね。


「アスペル・カノジョ」て漫画があるんですが、あれはLINEマンガで全巻持っていて。


漫画を描いている主人公の日常がアスペルガーの女性の登場により変わっていく...という話なんですが


賛否両論ある漫画なんだけど、私は好きです。


ヒロインはアスペルガーなんですが、家族や周りに恵まれず、結果的にひどい二次障害を抱えてしまって。


いじめの場面も出てくるんですが、「そもそもここまで障害の重い子を普通学級に入れちゃ駄目だろ...」と思って読んでました。


ヒロインの地元が、地方っていうところもポイントなんですよね。


東京ならいい病院や支援してくれる団体もたくさんあるんですが


地方だと、まだそういう面でも遅れている...


自分は家庭環境に恵まれてたからここまでひどくなっていないけれど、虐待するような親だったらこうなってたんだろうな。


そんな事を考えながら読みました。


単行本も欲しいんですが、うちの本棚はもう飽和状態なので無理です(笑)


まぁ、アスペルガーもそこまで悪い事ばっかりではないですよ。障がいの度合いにもよるけれど。


「限定されたものに対して異常なまでに興味を示す」ので、結果、過集中して成功する人もいますし...


「対人関係の築き方」さえ覚えれば、アスペルガーはぐっと伸びると思うんですよね。


まぁ、その点に関しては千姫も勉強中です...


良くも悪くも思ってる事ハッキリ言い過ぎちゃうんで、周りからはすごい毒舌な人だと思われてるんですよねw


せめてネット上だけでも気を付けるようにしています。


リアルに千姫に会った人はみんなドン引きしますよ笑


ギャップがすごいので。


それでは、今日もいきましょう。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして。


ヴィクトリー♡

29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希