検索
  • 櫻井千姫

暑中お見舞い申し上げます

コロナ禍で大変な思いをされてる皆様、


日本各地の水害に遭われた皆様、


最前線で頑張っている医療従事者の皆様。


謹んで暑中お見舞い申し上げます。


梅雨明けした東京は、もう、猛暑で大変!!


気温32度くらいならなんとかなるだろう...


と思って出かけても、クーラーの効いた室内から一歩外に出ると


身体がびっくりするらしく、ガンガン頭痛がするんですよね...


千姫は、そんな中でも割と元気な方です。今の時期は無理をしないって決めてるので。


9/28発売「天国までの49日間 ラストサマー」の校正作業も大詰め。


今回はあえて表記統一をきっちりせず、前後の文脈や、本になった時の


読みやすさを考えて、漢字とひらがなを分けているのですが


我ながら高度すぎることに挑戦してしまったな...と反省しております。


紙校正じゃないんですよ。web校正なんですよ。


webだと、本になった時のイメージがしづらいんですよね...


紙の方が赤ペン一本ですらすらできるので、紙校正だった頃に戻りたいー!!


時代は着実に進歩しているので、それは無理なんですけどね。


そんなこんなで、最近の千姫の日常です。




近所に美味しいテイクアウトのお店を見つけたので、


お昼は時々そこでテイクアウトしてきちゃいます。


ガパオライスはだいたいどこのお店でもおいしいのですが、


ここのは特にしっかり辛くて美味しい!!


暑い時にこそ、辛いものを。


身体もほどよく冷えますからね。




お散歩がてら、近所で見つけた世田谷珈琲さんで頂いたアイスティー。


アールグレイなので、シロップを入れなくてもふっと甘い香りが鼻に抜けます。


珈琲と書いてあるカフェでは基本珈琲を頼むのですが


これだけ暑いと、ホットコーヒーよりアイスティーやジュース系が飲みたくなりますね。


ちなみに千姫は炭酸が駄目なので、喫茶店の定番であるクリームソーダは飲めません笑



これは昨日の晩ご飯。


塩鯖を焼いて、胡瓜の香味和えは「キューピー3分クッキング」に出てたのを真似して作っちゃいました。


胡瓜を叩いて切ってニンニク、調味料と和えて、葱かければいいだけなので本当に3分で作れます!


千姫の「てぬキッチン」とかTikTokあたりで配信してみますかね。


ロリィタがエプロンかけて料理する動画...


観たい方はコメント欄に書いてみてくださいw


今年は、志村けんさんに続き、三浦春馬さん。


プライベートでも若い方の突然の死を経験したり、


結構その度に打ちひしがれている千姫です。


三浦春馬さんの訃報の後にアマゾンプライムで「恋空」を観たら


しばらくやりきれない気分になってしまって、


本当にあの映画の通りに、空を見上げる度に三浦春馬さんを思ってましたからね...


もう生徒役も榊役も年齢的にキツいので、もし「天49」が実写化されたら


先生役で出て欲しかったです。


あの、超絶ワルい先生です。


最後に頭狂っちゃうところなんて、三浦春馬さんがやったら滅茶苦茶格好いいと思うんですけれど。


しかし、コロナ禍の中、身近な人の死に直面する人は少なくありません。


今まで自分の小説では「生と死」という重いテーマばかり扱ってきましたが


そういった重い主題を、どれだけライトに、わかりやすく、読者に伝えられるか。


そこも、改めて考えていかなければならないと思っています。


9月に発売される「天国までの49日間 ラストサマー」は


今までとはちょっと趣が異なり、幽霊ではなく、人間目線のお話です。


その主人公も霊感があり、自分の霊感をコンプレックスに思っているのです。


いじめについて、友情について。


今一度「天49」シリーズの原点に帰り、読者それぞれの頭で考えてもらえるようなお話にしました。


そして、高校生になった榊が大活躍します。


とても面白い話なので、気になった方はぜひ小説サイト「ノベマ!」から


試し読みをご覧ください。


それでは、今日も人類がコロナに勝利した姿をイメージして、この言葉で締めましょう。


ヴィクトリー♡

31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希