検索
  • 櫻井千姫

検証・夜の街は本当に危険なのか?

どうも、千姫です。


夜の街が危ない、危ない、感染拡大している、


と言われれば言われるほど、実際どうなのか?と行ってみたくなるのが小説家の性です。


韓国に行くなら北朝鮮との国境付近に行ってみたいとか割とガチで思っているほど、危ないものにほど首を突っ込みたくなってしまうのです。


というわけで、病院に行ったついでに歌舞伎町をふらついてみました。


さすがに、人少ないー! まだ昼間だからっていうのもあるだろうけれど、ガラガラ。


池田を出せ! 池田を出せ! と怒鳴っているおじさんがいましたが


そのへんのお兄さんが「池田だよ」と言うと「池田大作を出せ!」と言い出しましたから、


余程創価に恨みを持っているのでしょう。


都知事選と関係あるのかな...?

(ちなみに都知事選は朝イチで行って零票確認、要は空っぽの投票箱を見せてもらえる特権を得た私)


スカウト狩りがいる、と聞いていましたが、目の前で殴り合いの喧嘩をしているような人はいませんでしたね。


今の時間だったらもしかしたらいるのかもしれませんが...


帰り道、二つ手前の駅で降りて二駅分歩こうかと思ったのですが


コンビニの店員さんに「下北沢は右ですか? 左ですか?」と聞いて


それを信じて右へ行き続けたらまた新宿に戻ってしまいました。


途中で「スカート、すごいめくれてますけれど...」て若いお兄さんに言われちゃうし最悪。


そろそろショートパンツの季節かもしれませんね。もう夜も寒くないんで。


脚出した方がいいよーとよく言われるのですがうっかり者の私にスカートは危険。


たまたま立ち寄ったファッションビルにふらっと立ち寄ったら、入り口で顔認証、消毒液、喫煙室は封鎖と徹底していました。


歩き疲れたので、「小夏」という果物を使ったジュースを頂いてリフレッシュ。



パスモを忘れたので切符を買うために並んでたら隣のおじさんが


「馬鹿野郎!」とか叫んでたし、


新宿が今、イライラした人が集まっている場所になっているのは間違いなさそう...


以上、夜の街レポートでした(脱線しすぎ)。


母の故郷の熊本が心配になり支援物資を送ったのですが、


娯楽が欲しいだろうなと思って本、いつもと違うことがあって生理周期が乱れてしまった人のための生理用品、


嗜好品が欲しいだろうなと思ってティーバッグとお茶漬けの素、そういうものを入れたら袋ぱっつんぱっつんになりました。


道路の状況がわからないので、速達にしてもいつ届くかわからないそうです...


本当に、水害はヤバイですね。ニュースはマメにチェックしてます。


小さい町だったら、コロナ対策も予算の都合上限界があるだろうし...


母が住んでる益城町は北部なので大丈夫そうなんですけどね。


コロナに水害。夏でもみんなマスク。


東京オリンピック、ほんとに一年後にできるのかな...?


なんか、二年後とかになりそうな気が。


ワンピースも二年後に集合しましたから、二年後を信じたいなと思ってます。


それではみなさん、コロナの終息と水害に遭われた方が一刻も早く元の日常を取り戻せますように。


ヴィクトリー♡


42回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希