検索
  • 櫻井千姫

私たちにできること

こんにちは、千姫です。


昨日見逃してしまった朝ドラ「エール」を今日はちゃんと観たくて


8時前に目覚ましかけたのですが


見終わった後見事に二度寝。


朝ご飯食べたのは12時くらいです。


朝ご飯なんだかお昼ご飯なんだかわからない。


今日は何日か前に修理に出した、


ロリィタ服のジャンスカのリボンを取りに行ったのですが


定休日だということを忘れてました(^^;)


仕方ないので、そのまま近所をぐるりとお散歩。


咲き染めたジャスミンの花を発見しました。

GW頃に咲くジャスミン、香りがよくて大好きなんですが


どうしても蕾がち〇ぽに見えてしまいますw


え?見えませんか?ち〇ぽに?


千姫がエロいだけ?


犬のとかほんとにこういう形だし。


愛とエロスの妖精なんで


たまにはこんな発言しますよw


最近お気に入りな近所の商店街で、今日はおにぎりをテイクアウト。


秋田出身のお兄さんが、秋田のお米を中心に


おにぎり、お粥、おでん、お酒などを販売している小さなお店なんです。


今日は暑いので、ビールがよく売れるそう。


私が住んでいるところは気を付ければあまり密スポットにはならないので


近所のお散歩してる方向けにテイクアウトやビールを売っているお店が多いです。


閉店してしまっているお店も多い飲食店ですが


みなさん工夫して、みんなの気持ちが明るくなるために、少しずつ自分に出来ることをしている。


そういう方は素直に尊敬します。


コロナになってから、政府の対応に疑問を抱くと共に


その一方で、人の温かさに気付けました。


you tubeとかを観ていてもみんなに役立つような情報を発信してくれる人がいたり


こんな時だからこそ、って心が明るくなれるような動画を作ってくれる人がいる。


大変なことになっている今だからこそ、人間力が試されているような気がします。


一人ひとりが危機意識を持つと共に、周りに対して何が出来るか、それを考えること。


そんな気持ちが、コロナに打ち勝つ秘訣なんじゃないかと思ったりします。


そしていちばん、みんなが簡単に出来ることは


罹らない、移さないことですよね。


千姫も消毒液とマスクは欠かせません。


外から帰ったら手洗いうがいとはいうものの、


手を洗う前にどこか触ったら意味がない!と気付いて


玄関に消毒液置いてます。


近所の雑貨屋さんで見つけたんですが


ほんと、売っててよかったー。


それでは楽しいGW中ですが、遠方への外出は控えて。


みなさん、気を付けて過ごしましょうね。


千姫も気を付けます。


それでは、人類がコロナに勝利した姿をイメージして。


ヴィクトリー♡

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希