検索
  • 櫻井千姫

見本誌が届きました

こんばんは。千姫です。


今朝がたついに、「天国までの49日間 ラストサマー」の見本誌が届きました。



見本誌が届くと、いよいよ発売間近だな、という感じがしますね。


みなさんが買っていただいたおかげで、


「天国までの49日間」「天国までの49日間 アナザーストーリー」


あわせて25万部を突破しました。


願わくば第三弾であるこの作品も売れて、30万部を突破したいものです。


そしたら、著者累計40万部ぐらいになりますし。


発売記念イベントは10月の初め頃、ツイキャスでやる予定だったのですが


せっかく見本誌も届いたところですし、正式な発売イベントの


プレ・イベントとして。


明日19時から、ツイキャスでこの作品の魅力をたっぷり語りたいと思います。


ツイキャスはアプリさえダウンロードすれば簡単に見れるので、


アプリをお持ちの方はぜひ。


最初はyou tubeでライブ配信しようと思ってたのですが


登録者数100人ちょいの底辺you tuberがライブ配信やったところで、


来てもらえるの1人とか2人に決まってるじゃないですか...笑


私の読者様は圧倒的にツイッターを見てる方が多いので、


だったらツイキャスでやるかな、と。


日曜日の19時、ご飯時にすみません...


でも、ステキブンゲイの配信時刻を考えたら、その前にやっときたくて。


ステキブンゲイの読者様にも、来ていただけたら嬉しいな~と思ってます。


初見さん歓迎! みたいな配信にはしないつもりです。


あくまで、私のことを知ってる方と配信でじっくり語り合いたい...


本イベントの日程は今のところ、未定です。


でも10月はgo toトラベル東京が解除されるので


それに合わせて帰省する予定もあるので


早めに開催すると思います。


発売後一週間~10日後ぐらいがタイミング的にいいのかなーと思ってます。


DMで感想募集したりね。


もちろん、このホームページのメールフォームからでも大丈夫ですよ~


せっかくの第三弾ですから、でっかくやろうと企画中です。


ぜひぜひ、明日(9/12)夜7時をお楽しみに。


ではでは。

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希