検索
  • 櫻井千姫

試されているのは、人間力

どうも、こんにちは、千姫です。


今日は10時半に起きて教会のオンラインミサに参加した後、


朝ご飯を食べてから、お散歩がてら氏神様に行きました。


氏神様、すなわち、自宅にいちばん近い神社。


お祭りの時、おみこしがまわってくる神社のことです。


コロナの終息を願いに行ったのですが


同じことを考えている人が多いのか、境内には何人かの人がいました。


先の見えないこの状況、ニュースを見ても暗い気持ちになるばかり。


こんな時では、誰でも神様に縋りたくなるものです。


今は人間がコロナの終息に向けて、心をひとつにして頑張らなきゃいけない時だけど


そういう時だからこそ、たとえばコロナにかかった人を差別したり、


営業時間を短縮したりテイクアウトで頑張ってるお店の看板に心無い落書きをしたり


良くないことも出てきています。


感染に対する危機意識は誰もが持つべきだけど、それが度を越えて恐怖になってしまうと、


他人を攻撃する思考にもなりかねません。


今は、それぞれの「人間力」が試されている時だと思います。


予防の意識をしっかり持つこと。


感染に気を付けた上で、自分にとって出来ることを一生懸命やること。


暗いニュースに負けず、健康管理をきちんとして、明るい気持ちで過ごすこと。


それが出来ているか、そうでないか。神様は、ちゃんと見てると思うんですよ。


人間力の低い人には、容赦なくバチが当たりそうで...


どうでもいいですが、千姫は神様の使いは鳩さんだと思ってるんですよね。


街のどこにでもいるし、あの首をひょこひょこと動かす独特の動作は


人間を見張ってるような気がしてならないんですよね...


だから鳩さんの前では特に、人間は振る舞いに気を付けたほうがいいです。


鳩をいじめるなんて、言語道断。


嫌われることも多い鳥ですが、よく見れば可愛いですからね。


まぁ千姫から見れば、カラスさんですら可愛く見えてしまうんですが。


今は忙しいのでペットは飼わないけれど、


どこにでもいる動物たちに心癒されています。


天気がいいので、住宅街をちょっと歩くと可愛いわんちゃんを見かけたりするので


今の温かい時期は千姫にとっては嬉しいです。


ロリィタするにも、今の時期がちょうどいいんですよね。


暑すぎず、寒すぎず。コートもいらないし。


ステイホームでロリィタで遠出できないのが残念で仕方ありませんが


終息したらロリィタで外に出まくります。


大幅に脱線してしまいましたが


みなさんも感染に気を付けながら、ぜひ氏神詣で。してみてくださいね。


神様にお会いし、自然に触れるだけでも、心が豊かになります。


それでは、今日もこれで締めましょう。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして。


ヴィクトリー♡

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希