検索
  • 櫻井千姫

誕生日を迎えて

こんばんは、千姫です。


今日は「妖精」小説家、櫻井千姫の300才の誕生日です。


永遠の300才なので(笑)


何年経って永遠に300才ですw


あまり誕生日らしいことはしておらず、ロリィタで病院に行ってきました。

背景がもろトイレ...笑


マスクがお洋服とお揃いなのがミソですw


心に病気を抱えていると、生きていることを素直に喜べないこともあります。


生まれてきたくなかった。


生きていたくなかった。


そんなふうに思うこと、今でも時々あります。


そう思うのがまさに病気の症状なんだから、仕方ないと言っちゃ仕方ないんですが。


たぶん自分はこれからも、生きている限り何度も、


生まれてきたくなかった、と思うんだろうなと思います。


だからこそ、一年に一度、自分の誕生日ぐらいは、生まれてきたことに感謝したい。


この世に生を授かったからこそ、小説家になれて、


物語を通して誰かの心を潤すこともできて。


今自分はちゃんと幸せなんだから、生まれてきたことに感謝したいな、と。


もちろん、いつでも、何もかもが上手くいくわけじゃありません。


壁にぶつかる度に、悩み、苦しみ、怒り、落ち込むでしょう。


そういう時に、自分に何を言っても、人から何を言われても、どうしようもないので。


だから幸せな時に、その分まで感謝をしたいのです。


辛い時をたくさん知っているから、


今生きていることに後ろ向きな人に、「生きていればそのうちいいことあるよ」


なんて無責任なことは言えません。


でも「自分の気持ちを変えれば、いいことがあるかもしれない」とは言える。


結局、運とか幸せって、気持ちのもちようなんじゃないかと思うのです。


ここで、改めて、私を普段から支えてくださってる皆様に感謝したいと思います。


いつもいつも、本当にありがとうございます。


それでは、最後に。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして。


ヴィクトリー♡

57回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十六話

律希がアスファルトの上で、笑ってた。不思議な事に、あたしは歳を取ってるのに、律希は十六歳のままだった。信じられなかった。何かに騙されてるんじゃないかと思った。だって、律希が二十年も経ってあたしの前に現れるなんて、そんな事あるわけない。 律希はたしかに「消えた」のに。 「消えた」? どこへ? 何も、「この世から消えた」なんて、決まったわけじゃない――。 「最後の力を振り絞って、念じたんだ。僕を未来に

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十五話

少年院を出た後、あたしは引き取り手がいない未成年のための更生施設に送られた。三日で、そこを飛び出した。既に十八歳になっていたあたしは、もう堂々と身体を売れる年齢になっていた。もう大嫌いな「まともに生きてる大人たち」の顔色を窺うこともなければ、女子だらけの世界で他の女の子に気を遣う必要もない。少し遅れてしまったけれど、あたしはまた、渋谷に戻る。そして今度こそ法の目を気にせず、堂々と身体を売る。その気