検索
  • 櫻井千姫

誕生日イブな一日

明日は「妖精」小説家の誕生日です。


私の誕生日は妖精歴3011年5月11日なので。


...妖精歴って何? という突っ込みはご遠慮くださいw


妖精界には、妖精界の暦があるのです!!


人間界とは時間の流れが違うのです!!


はい、誰も聞いてないのでこのへんにしておきましょうね。


プロットを送って担当さんの返事待ちなので、今日はのんびりと過ごしました。


まぁ、最近だいたい毎日、のんびりしてるんですけどね。



昨日、「天国までの49日間」「天国までの49日間 アナザーストーリー」


の見本誌が届きました。


第一弾は23版、第二弾は6版。


第三弾「ラストサマー」も2版ですからね。


これだけ売れていて、ファンの方から温かいお言葉も頂けるようになって


作家生活10年目で、ようやく夢が叶ったな、という感じがします。


「売れてる小説家」になれたなぁ、と。


今年は6/4に「16歳の遺書」と、上手くいけばあともう一冊出せそうなので。


どうかみなさま、これからもひとつ、よろしくお願いいたします。



辻村深月さんを読み終わったので、今はこの本を読んでいます。


さすがノーベル文学賞受賞作家。


モノローグがすごく長くて文字もびっしりなんだけど、とても読みやすいのですよ。


ロードムービーみたいな小説なんですよね。旅のお話。


まだ序盤なんですが、じっくり読みたいと思います。


書かない時は、読むことに尽力するのです。



この前にしんそばを頂いたお蕎麦屋さんが冷やし中華をやっていたので、


今日のランチは冷やし中華♪


暑いですからねー。


コンビニの冷やし中華とは、全然違います。


胡瓜もお肉も卵もたっぷりで、栄養バランス良さそう♪


このお店、かなりの老舗なんですって。


今、小さいお蕎麦屋さんはどんどん潰れてるらしいですね。


若者はお蕎麦よりパスタやラーメンだし、


ご年配の方がコロナで外出しなくなったし、


後継者もいないとかで...


私はお蕎麦大好きなので、これからも近所のお蕎麦屋さんを応援します。



歩いていたら喉が渇いたので、近所にできた温泉旅館のカフェスペースで


煎茶を頂きました。


...めっちゃ苦いw


いい煎茶って、苦いんですね(^^;)


うすーい煎茶ばっかり飲んでたから知らなかったw


この温泉旅館はスパもあって、日帰り入浴にランチやスパをつける、


オトクなプランもたくさんあるのです。


こんなご時世だから遠くまで足を運んで岩盤浴...とかも密が心配だし


近いうちに日帰り入浴でゆっくりお風呂に浸かってみますかねぇ。



このTシャツは、自分への誕生日プレゼントとして買いました♪


猫ちゃんとかちょうちょとか、


すごく私っぽいじゃないですか!


まさに妖精のための夏服って感じで。


夏場はこれにショートパンツ合わせて妖精スタイルです♪


真夏にロリィタ着てたら倒れますものw


そういえば、ブログ限定小説「終わりのための11分」がじわじわ人気です。


ツイッターでリプしていただいた方がいて、全然知らない方だったのですが


プロフィールよく見たらM性感の女王様で。


ひと昔、ふた昔前の違法風俗の話なので、ちゃんと読んでほしい方々に届いているといいなぁ、と思います。


今まで出版してきた話が切ない話や感動する話ばっかりだったので


いきなり未成年を雇う違法風俗の話!?


と混乱してる方もいらっしゃるかと思いますが


もともと私、売れてない時はこういう小説ばっかり書いていたんですよ。


過去に連載していた「JESSIE」というサイトでも、取材を元に風俗嬢を主人公にした恋愛小説を書いていました。


ステキブンゲイに掲載していた「初恋の終幕」も


初恋の彼女の元カノが先生だった、という衝撃的な話ですし...w


自分が爽やかともキラキラともほど遠い青春を送っていましたから


書く小説も自ずと、痛々しくてエロくて切ないものばっかりになります。


デビュー10周年、ずっと応援してくださってる方もいらっしゃるのでここで宣言しますが


これからの10年は売れていない頃に書いていた、「痛くてエロくて切ない」


小説を、もっともっと世に出していきたいと思います。


端的に言ってしまうと、「文学的なティーンズラブ」みたいな小説ですかね。


百合も、もっとディープなの書いてみたいですね。


「100回目の空の下、君とあの海で」は震災を扱っているけれど私的には「きれいな百合」なんですが(笑)


ちゃんと絡みのある百合を書きたいw


ちなみに絡みのある百合、ファンクラブ限定メルマガで配信してますので


そういうのがお好きな方はぜひどうぞ。


あー、百合の話をしていたらウマ娘が猛烈に観たくなってきました。


スペちゃんへのスズカへの思いは、本人が自覚してないだけで明らかに恋だよな、と思いながら観ています(笑)


女なのに百合が好き、と言うと「そっちの人?」と思われちゃいそうですがちゃんと男性の推しもいるので安心してくださいね。


コナンくんとかゾロとか土方歳三とかカートコヴァーンとか。


まぁ、今の嫁は「進撃の巨人」のハンジさんなんですけど。


...「やっぱりそっちの人だよね!?」って今、何人ぐらいの人に思われたんだろうw


進撃の巨人も終わっちゃうから、新しい推しを見つけなきゃなんですけどね。


今のところ推しはトーカイテイオーかなー。


...「やっぱりそっちやん!!」...て、きっとみんな思ってますね(^^;)


なんせ、人間の男性に興味ない妖精ですから


生きてる人間の男性好きになれないんだよなぁ。


もっぱら二次元か、死んでる人です(笑)


そのうち、歴史上の人物と恋愛する小説でも書きますかねぇ。


土方歳三が現代日本にタイムスリップしてきて、そして沖田総司もタイムスリップしてきて、坂本龍馬もタイムスリップしてきてめちゃくちゃになるとか(笑)


SFだから難しそうですけどね。


歴史に疎い令和の女子高生が武士に振り回されるなんて面白いなぁ。


なんだか、誕生日テンションで長くなってしまいました。


明日は一日予定入れず、まったり誕生日を過ごす予定です。


ちょっといいご飯を食べたりとか。


というわけで、いつも応援してくださっている皆様、ありがとうございます!!


これからまた一年、よろしくお願いいたします。


みなさんの幸せを願って。


ヴィクトリー♡

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希