検索
  • 櫻井千姫

長崎に行きたくて仕方ない件

こんばんは。千姫です。


今日は、長崎に原爆が落ちた日...


止められなかった、二度目の核の惨劇。


行った事ないのですが、実はとても長崎に行きたいのですよ。


イシグロカズオさんのルーツでもありますし。


原爆が落ちてしばらく経った後、教会で、信者さんたちが集まって、祈りを捧げていて。


その教会に、どうしても行きたいんですよね...


NHKでちょっとだけ当時の映像を観たんですが、


ヴェールを被り、みんなのために祈る「キリシタン」の方たち。


ちょっと感動してしまって。


他にも長崎には、行きたい場所がたくさんあるんです。


「佐世保小六女児殺害事件」が起きた小学校とか...


いや、野次馬根性じゃないですよ。小説家根性ですよ。


今はたぶん当時の面影はないんだろうけれど、私にとっては忘れられない事件だし。


あの事件は、加害者の女児がアスペルガーで、小説家志望という事もあって


こういう言い方は良くないのかもしれませんが、加害者女児と自分がすごく重なってしまうんです。


私は中学時代、ネットで素人さんが書いた官能小説ばかり読んでいましたが


あれがもしも、猟奇的なものだったらあの女の子みたいな事をしでかしていたのかもしれないなぁ...なんて。


マジで、ハマったのがリョナじゃなくて普通のエロで良かったです...


バトルロワイヤル好きっていうところも共通してますからね。


バトルロワイヤル、いい小説、漫画なんだけどなぁ。


私はキャラクター一人ひとりに共感してしまって、誰か死ぬ度に落涙してましたからね...笑


あの小説を読んで「自分も人を殺してみたい」と考える人は、少ないんじゃないかと思うんですよ。


むしろ自分が、あの状況に巻き込まれるという悪夢を見ると思う...


そういえば、「進撃の巨人」読んでても悪夢見たなぁ。


仲間と一緒に、巨人と闘うんですけど、恐怖で足が竦んでしまって...


昔から「未成年に有害」とされる作品はありますが、有害な作品に毒されて事件を起こすような未成年は


そんな作品を読まなくても事件を起こすだろうなぁ、というのが持論です。


ちなみにシリアルキラーの幼少期は「繰り返すおねしょ」「火遊び」「動物虐待」


が特徴だそうです。


お子さんをお持ちの方。


子どもがバッタの足をもいで遊んでいたら止めましょうね...


なんだかだいぶ本題から反れてしまいましたが、


千姫はとにかく、長崎に行きたいんです!!


佐世保バーガーとか、本場の長崎ちゃんぽんとか食べたいんですよ。


母が熊本なんで、今度帰省する時にちょっと足を伸ばしてみようかと。


天主堂にクラロリで行ったら、また外国人に写真を撮られるのかなぁ...


原爆ドームにクラロリ(といっても、茶色いワンピースで、ごく地味なやつ)


で行ったら、「あなたの格好はとても素晴らしい!!」と外国人に言われて、


写真を撮られましたからね...


ロリィタが写真を撮られるのは原宿だけではないのです。


でも天主堂行くなら、クラロリでびしっと正装したいですね。


ロリィタは派手なイメージありますが、地味なものなら、きちんとした場所に着ていくのに結構使えるんです。


クラロリで神社巡りとか、美術館巡りとか。


情緒ありますよ~!



今日のロリィタ。


ご近所のお出かけだけなのですが、びしっとキメてしまいました。


このお洋服は、作家の津原泰水さんにお会いした時の記念品なのです。


イノセントワールドのセールでとっても安く買えたのですが、


フリルやリボンがほれぼれするほどキレイ。


暑いのでパニエは一枚だけ、でもドロワーズはちゃんと穿きました。



で、このお洋服で何をしたかったのかというと


近所のカフェ「織部」でポストカードを買いたかったんです。


母に残暑見舞いを送ろうとしたのですが、日曜日だから郵便局さん閉まってるし。


カフェスペースにも入ろうとしたのですが、「織部」はかき氷が大人気で、満席状態...


平日の昼間に行くとガラガラで、小説を書くのにもぴったりな環境なのですが


やはりお盆中は混むみたいです。


下北沢の人は、誰も自粛なんてしていません...(T0T)


まぁ、良い事だと思いますよ。


自粛自粛、ばっかり言ってたら経済回りませんし。


特に今年は帰省もできませんから、近所の飲食店を、千姫も積極的に応援したいな、と思ってます。


レインボーマークは確認、除菌スプレーは常に携帯です。



帰ってきたら、宅配便の不在通知。


何かと思ったら、集英社の担当様からお菓子を頂きました。


夏にぴったりな、ちっちゃい羊羹みたいな感じの涼しげスイーツ!


今度zoomでオンライン打ち上げなんで、(「線香花火」のね)


その時のために送って下さったんですが


我慢できないのでひとつ食べちゃいました。すいか味。


ちなみに飲み物は、ペパーミントとレモングラスのハーブティー。


これに緑茶を混ぜると、本当にザ・夏!!


という感じで美味しいのですが


残念ながら我が家は緑茶切れ。


明日、近所のお茶屋さんに行って、緑茶の葉っぱ、買ってこなくちゃ~!


ちなみに緑茶は、夏の飲み物です。


冬に炬燵入って、蜜柑食べながら飲むものじゃないんです。


あつ~い日は、あつ~い緑茶をきゅうっと飲むと、適度に身体が冷えるのでおすすめです。


もう立秋を過ぎてますから、漢方では秋の季節。


まだまだ暑いんですが、かき氷、アイスクリーム、お酒など


冷たいものの食べ過ぎ、飲み物には、要注意です。


ちなみに千姫は、真夏でもカフェに入るとホットのブレンドコーヒーを頼みます笑


ブラックで飲むんですよ。


お酒もハイボールをロックで飲むのが好きだし


妖精の舌は、意外と大人なのです。


日本酒、ワイン、焼酎(芋のお湯割りとか好き)あたり大好きですからね。


なんだかコロナ、猛暑に続き、


九州を台風が襲おうとしていますが...


みなさん、コロナ対策だけでなく、災害対策も怠らないようにして下さいね。


スマホのモバイルバッテリーを常に持ち歩くのもおすすめです。


それでは、今日もいきましょう。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして!


ヴィクトリー♡

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希