top of page
検索
  • 執筆者の写真櫻井千姫

2024年度スタート!!

えっ?2024年初ブログ?


と、過去記事見てビビってます......


どれだけ鬱の期間長かったんだろう。


今年に入ってもしばらく鬱期間で、いったんよくなりかけたけど


3月は二週間くらいセルフネグレクト状態。


洗濯もの溜める。郵便物溜める。ゴミ箱があふれる。お風呂は3日4日入らなくてもへーき。


ひどい時は顔を洗ったり歯を磨いたりもできなくなりますからね......


でも、お彼岸なのでお墓参りには行きました。


おかげで家が買えたよ!と両親に報告。


さすがにブログに載せませんが、納骨堂タイプのお墓なのに、めちゃくちゃ立派なのです。


遺影と、在りし日の写真、メッセージが画面に出るんです。未来のお墓!!


新盆の時は撮影会になりましたからね。


でもこのお墓にたどりつくまで結構大変だった...ネットでまとめて資料請求したら、勧誘電話がスゴい。


納骨の日とかだって、こういうことだから占い気にするし。


年老いた親をお持ちの方、死んだ後のことなんて考えたくないだろうけれど、お墓のことは生きているうちから考えたほうがいいです。


死んだ後だと他にもやらなきゃいけないこといろいろありますからね。


個人的には室内のお墓、納骨堂タイプすごくおすすめ。何がいいかって、暑い日寒い日、雨の日、お参りの時にストレスを感じなくて済むから!!


...経験者は語る?(笑)


そしてついに引っ越すので、この後は仏壇を買います。


といっても、どでかい仏壇は予算的にも場所的にも無理なので、ミニ仏壇にするつもり。


今寝室にお位牌置いてるんですが、カートコパーンのアルバムとかマリア像(?)とか一緒に飾ってあって、かなりカオスなんですよ。


これじゃあお父さんもお母さんも落ち着かなくて可哀相だと思う...


早くちゃんとした仏壇買いたいけれど、引っ越すまでは我慢してた。


だって今の家、玄関しか置く場所ないんですものー。


嫌じゃないですか、玄関開けてすぐ仏壇!って。出かける時に「いってきます」って挨拶できて便利だけどさー。


宅配便の人に仏壇を見られるのもどうかと思うし、風水的にもあきらかに良くないですよね。というか、風水の知識なくても玄関に死を象徴するものが置いてあるわけですから、


その家には死んだものしか入ってこなさそう...


みなさんの中で玄関に仏壇を置いている方はいらっしゃいませんか?......いるわけないか。


さてさて、今日は新年度最初の一日。


4月1日に転入届出すなんて、引っ越したこと自体がエイプリルフールの嘘みたいな感じですが


まあ、きりがよくていいかなと。


区役所、めちゃくちゃ混んでました。そりゃ、4月いっぴだからしかたない。


番号呼ばれても返事しない人は帰っちゃったのかなー。


なんで、待つのって疲れるんですかね?待ちくたびれる、ってすごい言葉だと思った。


「待つ」と「くたびれる」が一緒になってるんですもの。待つことは疲れることだ、と昔からみんな知ってるわけですよ。


結局、人は肉体的な疲れより、精神的な疲れのほうが消耗してしまうのかもなぁ。


嫌いな科目の授業とか、ぎすぎすした職場とか、ストレス感じる環境にいるとそれだけで疲れちゃうじゃないですか。


人間って繊細な生き物だとつくづく思う。まあ、私は妖精だけど(笑)


なんにせよ、これで晴れて横浜市民です。4/29までは、まだ東京に住むけれど、しばらく手続きやらなんやらで行き来する感じ。


帰ってからはお片付けスイッチ入っちゃって、仕事そっちのけで断捨離してました。


引っ越しに必要なことだから、お片付けはやるべきことなのですけれど。


もう300歳だから(笑)甘すぎて似合わない服は思い切って処分。


昔買ってもう入らないスカートも処分です。


でも、今年は痩せる!決めたもん。今4/1だから、6月末までにまず3キロ!


ラフランス4個分→ラフランス3個分まで今年は痩せます。


決めたこと

・週2回ジム

・ジム行かない日もおうち筋トレ

・スイーツはしばらくおあずけ

・一日一回は自炊

・野菜をちゃんと食べる


自炊に関しては、引っ越したら今までみたいにスーパーの真上に住むわけじゃないから、


強制的にしないといけなくなりますが。


でも引っ越すと近所にコストコがあるんですよね。コストコって大容量で安いし、かんたん自炊にも役立ちそう。


今も少しずつ、スーパーに行ってできあいのもので済ますという食生活を改め、なるべく買いだめを習慣づけています。


といっても、冷凍食品ばっかり。これではダイエットによくありません。


かといって一日三回自炊なんてハードル高いから、作り置きご飯しようかなあ。野菜のおかず作り置きがいちばんよさげ。きんぴらごぼうとか。


とにかく、ここに宣言します。今年は痩せる!!


さてさて、新年度一発目のブログがこれだけなのも考え物なので、写真をいくつか載せておきます。



先日、作家生活10周年を迎えたいぬじゅん先生のオーロラナイトにゲスト出演させていただきました。


翌日のトークショーもすごく楽しかった!会場は大盛り上がりで、すごい熱気でした。


前日に配信出たから私が来るってことお集まりの方知ってらっゃって、普通にサインしてたw


しかも机に座って......自分のイベントじゃないのに(笑)


いやー私もいつか改めて、自分のサイン会とかやりたいですね。


それにしてもいぬじゅん先生って、ほんと元気で明るくて、素敵な方。


お会いしただけでパワーもらえる人なのです。


いぬじゅん先生は私と違って爽やかで感動的な素直な作品書かれるので、ひねくれて汚れてスレまくってるサイコパスな妖精の私とは真逆のタイプかも。


なんかもう、天49みたいな感動的な作品は書けない気がするな、私はw


いつのまにかほっこり、感動、涙より、衝撃的でヒリヒリする作品が好きになってるんですよねぇ。


いぬじゅん先生の新作も中学生の主人公を我が子のように見てたし、10代が主人公の作品にそもそも「自分のこと」として没入しづらくなってる気が。


......歳のせいだ(笑)




これはちょっと前なのですが、横須賀の美術館で開催された折原みと先生のトークイベントに行った時、もらったサインの写真。


折原みと先生は私の憧れの作家さん。中学生の多感な時期に「時の輝き」とか「天使シリーズ」を読んで、今もすごく心に刺さってるんですよね。


今、余命ものがすごく流行ってるけど、カップルで、どっちかが病気で余命わずか...て話でいちばん印象に残ってるのは時の輝きなんです。


主人公が看護師を目指してる女の子っていうのもすごく良かったし。


昔から甘いだけじゃない、人生のほろ苦さ、現実のシビアさを少女たちに見せる物語を書かれてる方で、素敵な作品がたくさんあるんです。


天49の安音の苗字は折原先生からとったのですが、折原先生が別のお名前だったら違う名前だったかも!?


そしてはじめてお会いした先生、まさかのまさかで天49持ってらっしゃるそうで、私もサインしてしまいました!!


もうめちゃくちゃテンション上がった!


思い返すと、折原先生読んでた頃から、私小説家になりたかったんだなあ。小さい頃の夢を叶えたまれなタイプですよ、それも小説家という大きな夢を。


「小説家になりたいです」というファンレターを中学生の方からいただいたこともあるのですが、そういう方は本当になってほしい。


本当にやりたいこと、本当に好きなことって、続けてると意外と実現できるんですよ。


根気のいることですけどね。



そして野いちごジュニア版天49、第三版を春のフェアにあわせて重版させていただきました♡


小学生女児を対象としたレーベルなので、既にお持ちの方も、お子さん、お孫さんのプレゼントにお買い求めいただけると嬉しいです。


実は他にも嬉しい報告があるのですが、まだ情報解禁前なので、時期がきましたらまた改めてお知らせさせていただきますね。


ここ二年くらい、スローペースでしたが、今年は流れがきてます。鬱の時期があるからどうしてもフルに活動できないけれど、2024年はまだまだ頑張れそう。


みなさんの応援、すごく力になってます!!


というわけで、最後はこの言葉でしめましょう。


あなたの幸せを願って。


ヴィクトリー♡

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page