検索
  • 櫻井千姫

75年分の夏を君に捧ぐ

こんばんは。


コロナ禍と水害で世の中は大変な事になっていて、忘れがちですが


今日は75年前、広島に原爆が投下された日です。


私の著作「70年分の夏を君に捧ぐ」は2015年、東京での物語。


あのお話も、5年前の事になってしまいました。


こうしてどんどん、過去を語る方がいなくなり、大切な事が遠いものになっていくのはとても悲しい事です。


実は私は、中学生の頃に修学旅行で広島を訪れています。


資料館にも行ったんですが、あの展示を見て泣いている子もいて...


ちなみにその夜、語り部の方から当時の事を聞く時間があったのですが


いちばん寝てはいけない社会科の先生が寝ていました(笑)


夕食後なので、生徒は寝ちゃっても仕方ないですが、あんたは起きてろ!という感じですよね。


その後、社会科の授業で「平和作文」を書く機会があって。


その作文が、私が人に自分の文章を認められる最初の機会になったんですよね...


賞を獲ったので、「平和大使」として、他の中学でも賞を獲った子と集まって、平和祈念式典に参加する機会を得たのですが。


部活の顧問の先生が、「大会近いんだからそんなことしてる場合じゃない」と許可を出してくれなかったため、行けず...(今から思えば完全にブラック部活)


あの時は、職員室で泣いちゃって、寝ていた社会科の先生を困らせてしまいました。


そういう事もあって、その顧問の先生は今でも「ああいう大人にはなりたくない」と思ってしまう方だったのですが


「70年分の夏を君に捧ぐ」を書いた事で、その時の黒い感情を成仏させられたんですよね。


私、平和作文に、「これから、次々と戦争を経験した人が亡くなってしまう。私たちは、次の世代に伝えていかなければならない」


って書いたんで。


大人になってから、それを実現している...


これは、なかなかすごい事なのではないでしょうか。


まぁ、そんな裏話はそのへんにしておいて


今夜は体調も悪いので、のんびり過ごそう...と思いまして


夕食は冷凍のお好み焼き。


気分だけでも、広島です(本当は上に焼きそばのせたかった)




これを食べながらNHKの原爆特番を観ていたんですが、


もう、一人ツッコミが止まりません!


スターリン〇ネ! とか、一人で叫んじゃってます。


既に〇んでるのに...


でも、観た感想は、「原爆を落とされた側だけじゃなくて、落とした側も消えないトラウマを負わされてしまったんだな」ということ。


実際に現場に行った人たちは、偉い人に逆らえなくてそこに行かされて


恐ろしいものを目撃してしまったわけですからね...


75年も前のことなので、今さらアメリカを責めようとは思いませんが。


トランプさんは、コロナが落ち着いたらオバマさんみたいに広島に来てくれるんでしょうか?


うーん。


オバマさん、広島で折り鶴折ってましたからね。


なんだかコロナ禍の中、アメリカの大統領選もどうなるの? て感じですが


戦争に端を発し、今後の日米関係にまで思いを馳せてしまった夜でした。


どうでもいいですが千姫、今日、熱中症で倒れました。


たぶん、トンボさんの呪いです。


空き地にいるトンボさんを捕まえて、その後友だちに見せびらかしてから離したんですが


そのすぐ近くに、スズメさんがいたんですね。


スズメさんは餌があることに喜び、トンボさんはおそらくスズメさんに食べられてしまったわけで...


トンボさんごめんなさい!!


みなさん、これからトンボさんが飛ぶ季節ですが、やたらめったら捕まえないであげてください!!



トンボさんの呪いは侮れませんから!!



なんかまた変な事を言ってしまった気がするので、このへんで終わりにします。


それでは、今日もこの言葉で締めましょう。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして。


ヴィクトリー♡

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希