検索
  • 櫻井千姫

8月15日に思うこと

こんばんは。千姫です。


8月15日です。終戦記念日です。


本当は今日は靖国神社とか行きたかったんですが


絶対密だし、また熱中症で倒れそうなので、行きません...


各地の戦没者記念追悼式も、今年はコロナの影響でだいぶ規模が縮小されていますね。


なんだか75年前の戦争と、今のこの閉塞的な状況を重ねて考えてしまうのですが


なんだか今人類は人類同士の争いではなく、コロナという目に見えない敵との争いで四苦八苦しているように思います...


各国でもコロナ対策がまったく違うのが、正直理解できない。


WHOもっとしっかりしろよ!! と思っちゃいます。


独自政策で「自粛しな~い!」なんてやってる国は、どうかと思うんですよね。


今は人類が人類同士争う時ではなく、心をひとつにして見えない敵と戦う時なんじゃないでしょうか...


ところが現実は、ルールを守って開業しているお店に嫌がらせをしたり。


感染した人をばい菌扱いしたり...


とても、心がひとつになっている状況とは思えません。


このままではコロナで揉めて、また国同士の争いが活発化してしまうのではないかと懸念しています。


しかし、こんな状況でどうやってオリンピックなんてするんですかね...


一年後はまず、通常開催は無理でしょう。


元号が変わると悪い事が起こるってのは本当なんだなぁ...



千姫の恋愛タイプはメンヘラ型らしいですw


たしかに、美少年監禁とか憧れますからね。


美少年を監禁して、媚薬とか飲ませて、射精管理したい...


え、アブない人ですか?(笑)


いつかそういう小説書きますよ(誰が読むんねん...)


まぁ、こんなタイプなので、人間の男性との恋愛は無理でしょうね。



こんなメールがゆうパックから届いて、


アヤしいな?と思ってfacebookでみんなに訊いたのですが


やっぱり詐欺みたいです...


ゆうパックで何か注文した覚えないし、不在通知も最近入ってませんから!


しかし、詐欺も最近巧妙化していて怖いですね。


これはおじいちゃんおばあちゃんだけじゃなくて、若い人もダマされますよ...


そもそも、ゆうパックが私のメールアドレスを知ってる時点でアヤしいです。


そういえば...


昔、ブログに自分のyahooメールアドレスを書いたら


嵐のプレゼントの宛先として勝手に流用された事があります。


慌てて、「私、その人じゃないし、嵐のグッズなんて持ってませんよ...」と


返したんですが。


櫻井千姫だから、嵐ファンって勘違いされてるんですよね。


たしかに櫻井翔さんは好きですけど...


櫻井千姫の「櫻井」はミスチルの桜井さんと、作家の桜井亜美さんの櫻井なんです。


画数を見て、旧字体にしたんです。


「ミスチルのような万人受けしながら、桜井亜美さんのように時代性を表し、どこかヒリヒリしてエロい世界観ながらSF要素の強い小説が書きたい」


という思いを、見事具現化しています。


さて、ステキブンゲイにて連載していた「初恋の終幕」は完結、9月発売の


「天国までの49日間 ラストサマー」も、いよいよ発売前の最終段階に入っていますが


千姫は、既に次の作品に取り組んでいます。


実体験をベースにしていながら、ファンタジー要素もふんだんに取り入れていて


私的にはこれはライト文芸ですが、いろいろとアウトなので、ライト文芸のレーベルでは出せないでしょうねぇ。


こんな小説を受け入れてくれる版元は相当、勇気あると思います(笑)


でも、時代を上手く反映している小説だと思いますよ。


「ルーズソックス」の時代の女子高生の小説ですからね。


ルーズソックス、今でも新宿とかだと女子大生がファッションアイテムとして履いてたりするけど


夏場は暑くないんですかね...?


校則で、膝下丈のソックスを履いている女子高生を見ていても思う。


あれは、暑くて可哀相ですよ!


夏場はソックスは短くないと!!


そして冬はルーズの下に紺色のハイソックスです。


雪の日にはタイツです!!


全国の女子高生のみなさん、よく覚えておいてください!!


高校生になったら、もう服装は自分で考えられないとダメですからね。


なんだかまたつらつらと長くなってしまったので


このへんで終わりにします。


それでは、今日もこの言葉で締めましょう。


二度と戦争の惨劇が繰り返されないことを願って。


ヴィクトリー♡

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希