検索
  • 櫻井千姫

9月になりました

おはようございます、千姫です。


11時に寝て4時に起きた...笑


あまりにも規則正しい生活をしたせいで、きっとお昼には眠くなるでしょうね(笑)


さて、「天国までの49日間 ラストサマー」発売まで


もうまもなく!!です。あと三週間くらいかな?


まだ見本誌が上がってきてないのですが...わくわくどきどき。


げみさんがとっても素敵なカバーに仕上げて下さったので、早く手に取ってみたくてたまりません。


「16歳の遺書」もステキブンゲイにて大好評連載中!


「初恋の終幕」と同じく、火、木、土更新です。


クラスの「ぼっち」絆とは対照的な存在、クラスのリーダー格の女の子郁。


そんな郁が抱える秘密がついに明かされ、物語は大きく動き出します。


SNSだけを自分の居場所としていた絆は、郁の登場により変われるのか...?


そして、新作もついに完結しました。


ついに...といっても、あんまり時間かかってません。二、三週間くらいです。


もうちょっと長くなるかも、と思ったら10万字ちょいで完結しました。


まだ書籍化の確約を頂いていないのでおっかないのですが


早ければ来年の2~3月には発売されると思うので。


どうか書籍化決まるよう、みなさんも願っていただければと思います。



この前着たロリィタ。


パイレーツのフォーチュンテラーです。


フォーチュンテラーって、つまり占い師。


私にとって絶対必要な服だ!! と思って購入したんですが


そろそろ手放しを考えています(^^;)


洋服をかけるところがいっぱいいっぱいになっちゃって、


これ以上お洋服が入らないの...(T0T)


まだまだ着たいのたくさんあるんですが、3~4着、売っちゃおうかと思います。


もうすぐ、イノセントワールドで予約したいちごブーケもお迎えできますからね。



デニーズで桃フェアをやっていたので


桃ゼリーを頂きました。


他のパフェとかはみんな目玉飛び出るほどカロリー高かったので(^^;)


ゼリーなら太らないだろう、と。


この時期はやっぱり桃ですね。


喉がすっきりする感じがする。


そろそろ果物といえば、桃から梨の季節ですけれど...



米田珈琲の「コメ牛」ハンバーガー。


牛丼のハンバーガーバージョンという感じで、みっしりお肉が詰まってます。


お肉好きにこれはおすすめ!!


米田珈琲、半永久的にノマドできるので、よく行っちゃいます。


特に締め切り前はお世話になってます(笑)


私はどうしても、家よりカフェのほうが集中できるらしい。


それでは、コロナもまだまだ猛威を奮ってますし


台風なんかも来ていて、また水害の影響が心配ですが...


みなさん、コロナ対策と共に、防災対策も怠らずにいきましょう。


というわけで、今日も締めます。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして!


ヴィクトリー♡

24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希