検索
  • 櫻井千姫

復活。

久しぶりのブログです。


5月後半は、めっきり活動できませんでした。


ツイッターも控えて、メルマガも配信できなかったので(先ほどやっと配信できました)


千姫は大丈夫なのか? とご心配かけた方もいらっしゃったかもしれません。


結論から言うと、大丈夫です。


自分の心が思い通りにならない病気を抱えているので、どうしても元気になれない時はあります。


でも元気になれない時があるからこそ、元気な時もあるので。


復活した今は、どんどん書きたい! という欲求に溢れてます。


冬眠から覚めたクマみたいに、活動意欲むんむん。


月も変わったし、6月は5月の分を取り戻すくらいのイキで精力的に活動したいと思ってます。




昨日、久しぶりにお散歩した公園で見かけたオレンジの百合の花。


大ぶりのオレンジの花びらを見ているだけで、こちらも元気になりそう。


世の中に不穏な空気が漂っていようが、千姫が活力を失おうが、


着実に時は流れ、季節は巡っていきます。


疲れた時にはひと休みして、自然に癒されて、また元気を取り戻して。


そんなふうに、自分なりにコツコツ頑張っていきたいなぁ。


というわけで、これからプロットです。


それでは、みなさんもお元気で。


ヴィクトリー♡



47回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十六話

律希がアスファルトの上で、笑ってた。不思議な事に、あたしは歳を取ってるのに、律希は十六歳のままだった。信じられなかった。何かに騙されてるんじゃないかと思った。だって、律希が二十年も経ってあたしの前に現れるなんて、そんな事あるわけない。 律希はたしかに「消えた」のに。 「消えた」? どこへ? 何も、「この世から消えた」なんて、決まったわけじゃない――。 「最後の力を振り絞って、念じたんだ。僕を未来に

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十五話

少年院を出た後、あたしは引き取り手がいない未成年のための更生施設に送られた。三日で、そこを飛び出した。既に十八歳になっていたあたしは、もう堂々と身体を売れる年齢になっていた。もう大嫌いな「まともに生きてる大人たち」の顔色を窺うこともなければ、女子だらけの世界で他の女の子に気を遣う必要もない。少し遅れてしまったけれど、あたしはまた、渋谷に戻る。そして今度こそ法の目を気にせず、堂々と身体を売る。その気

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十四話

第十二章 奇跡 あたしと同い年ぐらいの客は長い髪をひっつかみ、ガンガンと激しいイラマチオをしてくる。 喉の奥まで侵入してくるペニスが苦しく、あたしは息さえもろくにできない。弱弱しく泣き声を漏らすと、客はより興奮したらしく、その手の、その腰の、動きがよりいっそう激しくなる。 「もっと喚けよ」 そんな事を言いながら髪の毛を何本もちぎっていく客に虐められ、あたしは地獄にいる気分だった。イラマチオ地獄。