検索
  • 櫻井千姫

TikTokが地味に伸びてる件

こんにちは、千姫です。


編集のくみかさんの生活が落ち着かれるまでyoutubeはお休みして


TikTokで本の紹介を始めたのですが


作品にもよるけど、youtubeより伸びてる!!


200回以上再生されましたからね。津原康水さんの「ヒッキーヒッキーシェイク」とか。


少しずつお友だちもできて、TikTok、youtubeより楽しいかも♪


何より編集の必要がないっていうのがいいですね。


素人でも、手軽に投稿できちゃう!


基本は本を映すだけなので、ロリィタじゃない日も撮れます(笑)


中高生に本の紹介動画はニッチ過ぎるかなぁ...と思ってたのですが


意外と、ライト文芸より一般文芸の方が再生回数伸びます。


TikTok謎...


そんなこんなで、最近の千姫です。



全体運アップと金運アップのブレスネット買いました^^


パワーストーンと違って、どんな服にも合うのでつけやすい!


これも一応パワーストーンなんですけどね。


石屋さんだとかなり値が張るターコイズ。


Keiko先生のブレスネットは「いかにもパワーストーン、ていうパワーストーンはつけたくない」


という人にぴったりです。



イタリアンレストランで赤ワインなんて飲んでみました笑


ポリフェノールとらなきゃね^^


すっごく飲みやすかったです。


千姫はワインでも日本酒でもウイスキーでも、なんでも飲みます。


妖精だけど、意外とお酒好きです。


ビールもぐびぐび、いっちゃうし。



赤ワインの後はジュノベーゼ!


ごぼうとジャガイモが入ってます^^


ジュノベーゼって口の周りまっ緑になりますが、おいしいですよね。


なんだかんだ、一番好きなパスタかもしれない...


こんな贅沢をするのも、近所の商店街でやってる福引のシール集めるためです。


今月末抽選会だから、いっぱいシール集めて、なんとしてでも一等当ててやる!!


と意気込んでいます笑


美味しいものいっぱい食べちゃって、太りそう...


せっかく痩せたのに(^^;)


ちなみに今日の夕方、9/28発売


「天国までの49日間 ラストサマー」の書影が


小説サイトノベマ!さんにて公開されます。


げみさんによる、うっとりするほど素晴らしい表紙になっています。


この表紙は、実はラフ段階からいろいろ文句を出していて(笑)


げみさんの実力はこんなもんじゃない!! なんて言ったりしてました(^^;)


面倒臭い作家...笑


げみさんの個展行きましたからね。なおのこと、そう思っちゃったんですよ。


ラフの段階ではスカートをチェックにする案を担当さんから出してもらったのですが


制服の雰囲気は作品世界にマッチしてたので、制服の柄はそのまま、


スカートを風でめくってもらいました。


スカートめくらして!!


注文が変態さんぽい...(^^;)


そんなこんなあって、素敵なカバーに仕上がったので


ぜひ、今夜の「ノベマ!」を楽しみにしていてください。


千姫の著者コメントも見れます^^


それでは、コロナ第二波、東京は少し落ち着いた感がありますが


気候もなんだか不安定ですし、気を引き締めて参りましょうね。


人類はコロナに負けないぞ!


ヴィクトリー♡

28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十三話

第十一章 塀の中 「ちょっと慌ただしいけど、ごめんね」 刑事たちは、思ったよりも優しかった。深夜に覆面パトカーに乗り、警察署に連れて行かれたあたしを、ちゃんと気遣ってくれる。向こうも相手が未成年で、しかも女子ということで、それ相応の心構えをしているのだろう。 「あそこでは、いつから働いてたの?」 「今年の五月からです」 「家出人の捜索願いが出てる。家出してたんだね。理由は?」 「……黙秘します」

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十二話

あるところでぷつんと、意識が途切れた。テレビを切ったかのように、視界が失せ、聴覚が失せ、なんにもない「無」の状態に放り出された。 それがほんの数分のことだったのか、一時間、二時間に及ぶものだったのかわからない。 気が付けばあたしは薫の家の近くの小さな公園でベンチに座っていた。日はとっぷり暮れて、世界は薄墨色に染められている。公園の外灯が、あたしと律希の座っているあたりをまぁるく照らしていた。 律希

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十一話

待ち合わせは十八時、駅から少し離れたところにある、住宅街のど真ん中にある小さな公園だ。遊具は滑り台とブランコ、シーソーが申し訳程度にあるだけ。どれもまったく手入れがなされていないのか、ブランコなんて乗った途端に崩れ落ちそうなほど板が傷んでいる。こんな危なっかしい公園で子どもを遊ばせる親なんていないし、当然、遊ぶ子どももいない。だいたい、夏場とはいえ、十八時は都会の子どもが出歩くには遅過ぎる。 律希