検索
  • 櫻井千姫

大きなものへの、小さな感謝

こんにちは、千姫です。


特にいい写真がなかったので、昨日のお昼ご飯...


お刺身と、山盛りのサラダです。


サラダ菜、ルッコラ、ベビーリーフなんかで作りました。


当然食べきれませんでした笑



コロナで亡くなった人もたくさんいる中、


不自由ながら平和な暮らしができて、三食ちゃんと食べられるのはありがたいこと。


感染に気を付けながらスーパーで働いている人や、


こんな時でもアマゾンの箱を届けてくれる物流の人たちに感謝。


多くの会社がリモートワークを導入している今でも、


コロナ前と変わらず職場に行って働かなければいけない方がたくさんいらっしゃって。


そういう方たちに私たちの生活は支えられているんだなぁ、と実感。


一部の県では図書館や公共施設が再開されたり


海外でも終息した地域が出て来たり


少しずつ、先が見えなかったこの状況は良い方向に向かっていると感じますが


反面、東京はまだまだ、油断できません。


感染者の数すら減ってはいますが


自粛明け、街に活気が戻ってくるなり


街に人が溢れ、その中に感染している人もいないとも限らない。


そう考えると、なかなかコロナ前のように呑気にお出かけとはいきません。


予定は立てられないし、いろいろやりたいことは我慢しているし


誰もがストレス溜まっていると思います。


都内は学校が再開するのもまだまだ先でしょうし


お子さんたちやその親御さんが本当に大変だな、と...


ストレス、不安、恐怖。


そういったものに対抗できるのは、感謝の感情です。


美味しいご飯を食べられることや、素晴らしい本に触れられること。


そんないい出来事があった時は、惜しみなく感謝を送りたい。


もちろん音楽を聴いたりオンライン飲み会を開いたり、


気分転換できることはたくさんあるんですが


やっぱりそこに「感謝」があると、気持ちはもっと明るくなると思うのです。


自分が今日も健康で生きられる。ありがとう。


と、神様でもご先祖様でも宇宙でも運命でもなんでもいい。


自分が信じられる大きなものに、感謝をすること。


大きなものに対する小さな感謝を、大切にしていきたいなと考えています。


感謝をすると、気持ちが明るくなる。


明るい気持ちでいれれば、免疫力も高くなる。


もちろん、むやみやたらと感謝をすればいいというものではありません。


よく1万回ありがとう、と言えばいい、なんて聞きますが


心のこもっていない1万回のありがとうよりも、心のこもった1回のありがとうのほうが自分にも他人にも響くことは言う間でもないでしょう。


こんな時だからこそ、小さな感謝を大切に。暮らしていきたいです。


それでは、今日もこの言葉で締めましょう。


人類がコロナに勝利した姿をイメージして。


ヴィクトリー♡



19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十六話

律希がアスファルトの上で、笑ってた。不思議な事に、あたしは歳を取ってるのに、律希は十六歳のままだった。信じられなかった。何かに騙されてるんじゃないかと思った。だって、律希が二十年も経ってあたしの前に現れるなんて、そんな事あるわけない。 律希はたしかに「消えた」のに。 「消えた」? どこへ? 何も、「この世から消えた」なんて、決まったわけじゃない――。 「最後の力を振り絞って、念じたんだ。僕を未来に

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十五話

少年院を出た後、あたしは引き取り手がいない未成年のための更生施設に送られた。三日で、そこを飛び出した。既に十八歳になっていたあたしは、もう堂々と身体を売れる年齢になっていた。もう大嫌いな「まともに生きてる大人たち」の顔色を窺うこともなければ、女子だらけの世界で他の女の子に気を遣う必要もない。少し遅れてしまったけれど、あたしはまた、渋谷に戻る。そして今度こそ法の目を気にせず、堂々と身体を売る。その気