検索
  • 櫻井千姫

ブログ限定小説「終わりのための11分」第十一話

あたしと祐平は、小学校の高学年までは下校を共にしていた。

 同じ方面の小学生たちと一緒に帰っていても、最後はいつも二人きりになる。二人っきりで今日はクラスの誰がおならをしてすごく臭かったこととか、五時間目に寝ていた同級生が先生にこっぴどく叱られたこととか、そんなどうでもいい事をいくらでも語り合った。そのまま家に直帰せず、祐平の部屋かあたしの部屋で二人で遊ぶのがあたしたちの放課後の定番。それぞれの家庭の夕食ができるまでゲームをやったり、漫画を読んだりしてダラダラと過ごす。面倒臭い算数の宿題のプリントは、互いに答えを教え合いっこしながら一緒に取り組む。登校時、そのプリントをランドセルに入れ忘れていないか、代わる代わるチェックし合うのも毎朝の恒例行事だった。

 そんな事をしていると、当然、周りの子どもたちは二人の仲を怪しむ。小三くらいまでは「一番仲の良い、男女の幼馴染み」として認識されていても、女子の胸がふくらみ始め、男子がこっそりエロ本を読む時期になると、子どもは急に、男女の仲に敏感になる。

 ある朝、いつものように二人そろってクラスに入ると、黒板に「ゆうへい ちさき」と相合傘がでっかく書かれていた。ご丁寧に、周りにはピンクのチョークで描いたハートマーク。描いた犯人である男子たちはニヤニヤ笑っていて、祐平に密かに恋焦がれている女子たちは複雑そうな目をしている。唖然としている祐平の傍で、あたしは羞恥のあまり顔が真っ赤になった。祐平のことは好きだけど、それを周りに冷やかされるなんて、はっきり言って苦痛でしかなかった。

 あたしのこの気持ちは、小学生のガキたちを喜ばせるためのものじゃない。もっと高尚で、神聖な感情なのだ。

「これ書いたの誰よ!!」

 声を大にして怒鳴ると、犯人と思しきクラスのおちゃらけ担当男子たちがゲラゲラ笑い出す。こういう男子が、あたしは大嫌いだ。クラスのアイドル的女の子には鼻の下を伸ばすくせに、授業中はじっとしていられない幼稚園児レベルの低能な奴ら。

「早く名乗り出てよ! ていうか、今すぐ消して!」

「祐平、千咲、お前らいつ結婚すんの?」

 幼稚園児がにやつきながら言うので、あたしはいよいよ顔が富士山の大噴火前みたいに熱くなった。祐平のことを好きだと噂されている真面目でおとなしい女子が、悲しげな顔でこっちを見ている。

 大変だ。ここであたしが祐平が好きだということに認定されてしまえば、クラスの女子同士の人間関係が滅茶苦茶になる。

「あんた、馬鹿じゃないの? あたしと祐平がいつ結婚するわけ? 勝手にそんなこと決めないでくれる? 言っとくけどあたし、祐平のお嫁さんだけは、まっぴらごめんだから」

 ぎゃはは、と男子たちが笑う。あたしのあまりの剣幕に、女子たちが若干引いている。

 言ってしまってから気付くけれど、今のはさすがにひどすぎた。

「だってさ、祐平。お前、フラれたなー!」

「フラれた! フラれた! 祐平がフラれた!」

 祐平は男子たちに騒がれ、唖然としながら当惑している。そんな祐平の反応を気にしている暇もなく、あたしは黒板消しを手に取った。

 そのタイミングで先生が教室に入ってくる。

 四十をひとつかふたつ過ぎたくらいのベテラン先生は、大騒ぎの教室と黒板の相合傘を見比べ、ふっ、と相好を崩した。あたしの手から黒板消しを受け取り、さっさ、と散りばめられたピンクのハートたちを消していく。

「祐平と千咲は、仲が良いもんな。でもふざけてこういう事をすると、された相手は本気で傷つくこともあるんだぞ」

 朝の会で、先生はそんな感じのことを言って、犯人である男子たちを優しく叱った。でも大人がそんな事をしたからって子どもたちにはあまり響いていなかったらしく、その日は休み時間の度に、男子の間でも女子の間でも「早朝の相合傘事件」が取り沙汰された。

「千咲ちゃんって、祐平くんのこと好きなの?」

 何人かの女子にそう聞かれ、あたしはその度に全然そんな事はない、ただの幼馴染みだから、と突っぱねた。あたしの気持ちが女子たちの間に広がり、「祐平のことを好きな女の子」として認知されてしまう事が、怖かった。小学生の女子の人間関係なんて、本当にちょっとした事で壊れてしまうのだ。友だちと好きな人が被っただけで、血みどろのライバル戦争が繰り広げられる。同じ男の子を好きな二人が、互いに磨き合いながらアプローチをしていく……なんていうのは、少女漫画が描く美しき戯言に過ぎない。現実の女子の間では、陰湿ないじめが始まる。

 今になって思えば、あの時あたしは、祐平のことが好きだ、と素直に認めるべきだったんじゃないだろうか。なんといっても、あたしと祐平は幼馴染み。祐平のことを好きだと先に公言していた女の子には反感を買うだろうけれど、「お似合いのカップルだね」と応援してくれる女の子もいたかもしれない。

 一人っ子の悪い癖で、あたしはなんでも自己解決する子どもに育ってしまった。親にも友だちにも言えない悩みが出来た時、頼れるおじいちゃんやおばあちゃんや、きょうだいがいなかった。

 周りを頼る事が下手なあたしは、自分の中だけで一人で延々と黒い感情をふくらまし、やがてそれが爆発して援助交際に手を染める事になる。



  第六章 やけっぱちの娼婦



 後ろからペニバンで突き上げると、律希は途中からペニスを弄び始め、「漏れちゃう」と喘ぎながら果てていった。

 律希とセックスする度、不思議な気分になる。時々、律希が女の子で、自分が男の子になったような気分になる。律希はデートボーイなんだからそう思うのは当たり前かもしれないけれど、今まで一方的に撫で回されかき乱され必死で感じているフリをするだけのセックスと、それはまったく違うものだった。同時にあたしは、変な方向に目覚めてしまっていた。最近では、ゴキブリみたいなおじさん客のアナルは相変わらず無理だけど、三十才くらいの若く締まったボディを持った客なら、積極的にアナルを攻めている。どの男も、クリトリスを舌先で突かれた時のような声を漏らすのが面白い。

「律希って、初体験いつだったの?」

 行為の後、マルボロを咥えながら言うと律希はえ、と動揺した声を上げた。ラブホテルのテレビには「息子なら、母親の身体当ててみて!」というくだらない企画ものAVをやっている。若いAV男優が熟女系のAV女優と「親子」という設定で、穴の空いた段ボールからおっぱいやあそこを触って「それが本当に母親の身体なのか」確かめるという企画だが、母親役になった熟女女優は息子の手マンに泣き喚くような声を上げていた。企画した方も演じるほうもちょっと頭がイッちゃってるんじゃないか、と紫煙を吐きながら思った。

「え、じゃないでしょ、え、じゃ。初体験のことくらい、普通覚えてるでしょ」

「僕の場合は、普通とちょっと違ったからね」

「どういう意味?」

「レイプだったんだ」

 昨日の晩ご飯のおかずポテトサラダだったんだ、とでも言った時と同じような軽い言い方だった。

「僕、施設出身で、十二才の頃に里親に引き取られたんだけど。そこの父親に、レイプされたんだ。中一の時。寝ている時布団に入ってきて、いろんなところ触られて。嫌だったんだけど僕、勃起しちゃって。勃ってるの見てその父親は喜んで、そのまま掘られたんだ。最初は痛いだけだったのに、どんどん感じてくるのが悲しくなってさ」

「なんで悲しかったの? 気持ちよかったんでしょ?」

「僕だって好きになるのは女の子だし、本当はその子と初体験、したかったよ」

 声にちょっとだけ悲しみが混ざった。

 レイプなんて経験がないから、レイプされた方の痛みは正直、よく分からない。でも律希の場合は、単に自分の意思と関係なくそういう事を強制されただけではなく、もっと深いところで傷ついてしまったのだ、というのは理解できた。

「毎晩来るんだよ、その父親、僕の部屋に。回を重ねるごとに気持ちよくなっていって。自分はゲイなんだ、って思い知らされる事が悲しかった。オナニーする時想像するのは、女の子なのに」

「その父親とは今でも一緒に住んでるの?」

「まさか。中学卒業と同時に、家は出た。今はいろんな男の人のところを転々としてる。ゲイボーイやりながら、泊めてくれたお礼にセックスさせてあげながら」

 律希は唇の端だけで薄く笑った。自嘲的な笑みが苦しくなって、あたしはマルボロを灰皿に押し付けた後、律希を抱きしめた。

「律希はゲイじゃないよ。あたしとする時、いつもあんなに興奮するじゃん。すごい声上げてさ。女の子相手に勃つんだから、立派にノンケだよ」

「そうなのかな。でも千咲とする時も、正直、千咲の中に射精する時より、後ろからペニバンで突かれながら自分でしごいてイク時の方が気持ちいいんだよね」

「それは単に、前立腺が感じやすいだけでしょ? ゲイとは違う」

 前立腺の仕組みなんてどうなってるのか知らないが、あたしは声に力を込めた。

 律希はどうだかわからないけれど、律希と何度もセックスしてるあたしは、自信を持って言える。律希は男相手に身体を売ってるけれど、ちゃんと女の子を性の対象として認識できる、普通の男の子なんだ。

「そう言ってくれて嬉しいよ」

 律希は言いながら、枕元に置いた自分のラッキーストライクに手を伸ばす。

「今は別に、これでいいと思ってるよ。男の人の元を転々としながら、身体を売る生活」

「律希には副業があるじゃない。しかも普通の人にはできない、特殊な副業」

 十一分、相手を戻りたい過去に戻すだけで二万円。普通に考えたら、美味しい仕事だ。でも律希は首を振る。

「副業だって、いつまでも出来るわけじゃないし」

「どういう意味?」

「僕の能力については僕自身分からないことが多いからね」

 つまり、いつその力が消えてしまっても、仕方ないという事か。その可能性は考えてもみなかった。

 律希とセックスしている時、快感に痺れた頭の片隅でふいに祐平のことを思い出す。祐平とセックスしたらこんな感じなのかな、と欲望の海の底で切なく苦い恋心が顔を出すのだ。祐平の事を思う度、考えてしまう。

 あたしが、あの十一分に戻れたら、って。

 あの夏祭りの日、あたしが祐平に告白していたら。祐平が、それを受け入れてくれていたら。

 そしたら祐平は七緒と付き合う事もなかったし、あたしはヤリマンにならなくて済んだ。

 自分にだけ話させてしまうのが申し訳なくて、あたしも自分の過去をかいつまんで律希に話した。祐平が心に空けた穴を埋めるためだけに和之を利用した事も、用済みになったらすぐ捨てたことも。その後援助交際に没頭した挙句、いつの間にか家を飛び出してしまったことも。

 律希からしたら、ひどい話だと思う。レイプされたトラウマと今も闘い続けている律希からすれば、自ら世の中の闇に飛びこんでいく女の子なんて、飛んで火にいる夏の虫。馬鹿の極みだと思われても仕方ない。

 それでも律希は黙ってあたしの話を聞いてくれた後、そっと肩を抱いてきた。

「それで、忘れられたの? その、祐平くんのことは」

「忘れられない。今でもちゃんと、心の真ん中にいる」

 口にするだけで、声に涙が重なりそうになる。

 あたしはまだ痛いほど、祐平が好きなのだ。

 律希が優しく、染め過ぎて傷んだあたしの頭を撫でた。

「忘れられない事は、無理に忘れなくてもいいんだよ。きっと、あと十年か二十年経てば、それもいい思い出だったんだな、て思えるから」

「律希はそんなふうに思える? 父親にレイプされたこと」

 律希はううん、と首を振った。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十六話

律希がアスファルトの上で、笑ってた。不思議な事に、あたしは歳を取ってるのに、律希は十六歳のままだった。信じられなかった。何かに騙されてるんじゃないかと思った。だって、律希が二十年も経ってあたしの前に現れるなんて、そんな事あるわけない。 律希はたしかに「消えた」のに。 「消えた」? どこへ? 何も、「この世から消えた」なんて、決まったわけじゃない――。 「最後の力を振り絞って、念じたんだ。僕を未来に

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十五話

少年院を出た後、あたしは引き取り手がいない未成年のための更生施設に送られた。三日で、そこを飛び出した。既に十八歳になっていたあたしは、もう堂々と身体を売れる年齢になっていた。もう大嫌いな「まともに生きてる大人たち」の顔色を窺うこともなければ、女子だらけの世界で他の女の子に気を遣う必要もない。少し遅れてしまったけれど、あたしはまた、渋谷に戻る。そして今度こそ法の目を気にせず、堂々と身体を売る。その気