検索
  • 櫻井千姫

働きづめのゴールデンウィーク



みなさん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?


東京は、誰も自粛なんてしてません...


都心は都の職員が「外出自粛を!」と呼び掛けていますが


あまり効果はない状況。。。


お酒を提供できなくなったので、路上飲み、宅飲みしている人たちが増えました。


お酒を飲みたい人たちはみんなスーパーやコンビニでお酒を買って


家で飲み会をやっているみたいです。


もうあったかいので、路上で飲んじゃう人も。


この前、最近元気のない友だちが心配で新宿まで行ったんですが


もう!路上飲み連中がうるさすぎる!!


夜になったら、パトカーまで来てましたからね。


2021年は、若い人の事件事故注意の年。気学で見ても、そう出てます。


最近、若い人が大麻所持で逮捕されたり、10代の子が大麻を買うために盗みをやって逮捕される事件なども報道されていますが


これからどんどん、こういう事件が増えていくんじゃないですかね。


考えてみれば、昔は未成年の飲酒・喫煙なんてはっきり言って普通でした。


ハタチまでお酒は飲まない。煙草も吸わない。なんて言うと、はぁ何それ、真面目?


なんて言われちゃう時代でした。


あの頃の若者は、酒や煙草やファッションで大人に抗う術を身に着けていた。


それが今は、お酒は売らない、煙草は売らない、茶髪もメイクも禁止、スカートの丈も短くしちゃ駄目。


そういう時代だからこそ、真面目な子が一足飛びに麻薬やブラックなバイトなどの非行に走ってるな、という印象があります...


今の若い子は、リアルな恋愛をしない代わりに「推し」にお金を使いますからね。あとゲームとか。


そりゃ、SNSで闇バイトしちゃうだろうな、と思いますよ...


妖精だからあんまり子ども欲しいとは思わないけれど、子どもを持つとしたら子どもにあれは駄目、これは駄目、ああしろこうしろ、あの子とは遊んじゃだめだとか、そんなこというお母さんにはなりたくない。


そうやって育てちゃうと、自分で考える力が身につかなくなっちゃうと思うんですよね。


思えば「365日、君にキセキの弥生桜を」なんて、そんな話だったなぁ。


...だいぶ脱線したので、千姫のゴールデンウィークの話をしましょう。


ゴールデンウィークは、毎日仕事です(^^;)


担当さんに「ゴールデンウィーク明けにプロット送ります!」


と言っちゃったので、毎日プロット練り練り作業。


この作業はだいたい、外でします。家だと掃除を始めたり、テレビを観ちゃったり、ろくなことがないからです。


それに、いくらステイホームとは言われても、近所のお散歩ぐらいしないと身体がなまってしまいます。


幸い天気もいいし、朝起きて「じゅん散歩」を観て(じゅんちゃん大好き!!)


お風呂に入ってカフェでモーニング。


そんな生活が心地よいのです。11時くらいまではモーニングやってるし、カフェのモーニングって安いですから、下手に自炊するよりお手頃。


そもそも朝はゆで卵とトーストくらいしかお腹に入りませんからねぇ。


ダイエット中なので、家で食べる時は玄米と黒米のミックスご飯、おかずはタンパク質中心。


やっと身体がタンパク質に慣れてきたのか、お肉を食べた後お腹がぐるぐるすることもなくなりました。


筋肉がつかない体質なので、食事は肉から。タンパク質を積極的にとるようにしています。



これは今日の朝ごはん。ラップサンドとレモネード。


人参ってどっちかっていうと好きじゃないんですが、疲れているとおいしく感じます。


普段嫌いなものが好きになるってことは、よほど疲れているんだろうなぁ。



近所に、猫雑貨のお店を見つけました。


猫、実家で飼ってたんですよー。すごい小さい時にお迎えして、かなり長生きして、最後はお外に出かけていったまま帰ってこなくて。


名前は「リカ」。人に話すとずいぶんモダンな猫ね、なんて言われるんですが、


それ、私がつけたらしい。


母(エーゲ海)はリリーにしようとしたんですが、私がリリーは嫌、って言ったらしいのです。


記憶ないけど。


学校から帰ってくるとにゃあにゃあ言って甘えてきて、寝てると布団に入ってくる、甘えん坊の猫でした。


一人っ子なので、妹みたいなものだったんですよねぇ。


私は犬派でも猫派でもなく動物はなんでも好きなタイプですが


猫雑貨のお店、ってなんか面白いなと思って見てたら、


かわいらしいお守りを発見しました。


猫が眠ってるお守り。


恋愛成就とか健康運とかいろいろあったけど、ここは仕事運!!


「16歳の遺書」ヒット祈願も込めて仕事運にしました。


しかし、頼むのは猫。お店の人に「効くんですかねぇ...」と言ったら「祈ってください!!」


と言われました。


「お仕事なんですか?」と聞かれたので「小説家です」って言ったら、びっくりしてた。


そりゃ、小説家がいきなり猫のお守り買っていったら変ですよねぇ。


よほど本が売れない作家だと思われたかもしれません(笑)



煙草屋さんで、こんなものを見つけました。


舌の裏に挟んで吸う煙草。


煙が一切出ないので、電車の中でもニコチンをチャージできます。


味は、ほとんど飴!!(笑)


これならガム噛んでたほうがよほど禁煙になるなと思いましたよw


でも煙で喉を傷めるよりは、こっちのほうがマシなんですかね。


もういい加減、薬局でニコチンパッチでも買おうかなぁ。


あれ、高いんですよね...


まぁ、ダイエットしている間は禁煙しませんけど。


あっちもこっちも、なんてのは無理ですからねー。



いつものカフェで作業してたら、混んできて落ち着かない!!


トイレも激混み!!


なので、別のカフェに移動。ここはカフェというか、ケーキ屋さんです。


飲み物だけのつもりだったんですが、お腹が空いたのでシュークリームをオーダー。


並んでるケーキの中でいちばん太らなそうだったので(^^;)


ダイエット中だからってなんでもかんでも制限しちゃうと、後で甘いものをガン食いしてしまうので


明日は子どもの日だし、ティータイムに柏餅と緑茶でも用意してみますか。


甘いもの一切食べない!糖質制限でパンも白米も禁止!


そういうダイエットは絶対リバウンドしちゃうのでやりません。


運動は近所のお散歩と、あとストレッチ。


身体が固いですから、筋トレ以前の問題(>_<)


腰痛もあるし体力がないから、下手に筋トレしちゃうと逆に大変なことになってしまいます...


ちょっと歩くだけで、心拍数が120くらいまで上がっちゃいますからね。


心臓、弱いのかなぁ。


今日も熱中症になりかけたし、そろそろ、着る枚数を少しずつ減らす季節。


どちらかというと冷え性だけど、厚着はダイエットに良くないし、


少しずつ着る枚数を減らしていかないと身体がいよいよ寒暖差に耐えられなくなっちゃいますからね。


そろそろ、半袖にカーディガンの季節です!


さて、ここで重要なお知らせ。


6/4実業之日本社GROWさんより発売


「16歳の遺書」カバーが出来上がりました。


「死にたい」と思って日々を過ごしてきた女の子が、余命半年を知らされた女の子と出会い、成長していく切ない友情ストーリー。


...まぁ、公式百合ですね(そう言われた事もあります...w)


「きれいな百合」をイメージして書きました。


百合やBLが好きだけど、あんまりあからさまなのは好きじゃないんです。


普通の友情ストーリーを、自分で勝手に妄想するのが好き!


「ウマ娘」とかで妄想していますからねぇ。


まぁ、とにかく「16歳の遺書」はどうしようもなくメンタルを病んでる主人公が自分とは正反対の境遇に置かれた女の子と友だちになることで


毎日が彩りを取り戻していく、という素敵な話なんですよ。自画自賛しちゃってますけど。


既に各書店やアマゾン、楽天ブックスさんでも予約できるので、


ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。


できれば近所の小さい本屋さんで予約していただけると嬉しいです。


書店はどこも厳しい状況ですから、特に小さい書店なんて大変ですし。


そういう書店さんをぜひぜひ、応援してあげてほしいなと思います。


それでは...今日ぐらい、自分のために祈らせてください。


16歳の遺書ヒットを願って!!


ヴィクトリー♡

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十六話

律希がアスファルトの上で、笑ってた。不思議な事に、あたしは歳を取ってるのに、律希は十六歳のままだった。信じられなかった。何かに騙されてるんじゃないかと思った。だって、律希が二十年も経ってあたしの前に現れるなんて、そんな事あるわけない。 律希はたしかに「消えた」のに。 「消えた」? どこへ? 何も、「この世から消えた」なんて、決まったわけじゃない――。 「最後の力を振り絞って、念じたんだ。僕を未来に

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十五話

少年院を出た後、あたしは引き取り手がいない未成年のための更生施設に送られた。三日で、そこを飛び出した。既に十八歳になっていたあたしは、もう堂々と身体を売れる年齢になっていた。もう大嫌いな「まともに生きてる大人たち」の顔色を窺うこともなければ、女子だらけの世界で他の女の子に気を遣う必要もない。少し遅れてしまったけれど、あたしはまた、渋谷に戻る。そして今度こそ法の目を気にせず、堂々と身体を売る。その気

ブログ限定小説「終わりのための11分」第二十四話

第十二章 奇跡 あたしと同い年ぐらいの客は長い髪をひっつかみ、ガンガンと激しいイラマチオをしてくる。 喉の奥まで侵入してくるペニスが苦しく、あたしは息さえもろくにできない。弱弱しく泣き声を漏らすと、客はより興奮したらしく、その手の、その腰の、動きがよりいっそう激しくなる。 「もっと喚けよ」 そんな事を言いながら髪の毛を何本もちぎっていく客に虐められ、あたしは地獄にいる気分だった。イラマチオ地獄。